アイコン 韓国GM GMと政府間合意 向こう10年以上確約 資産売却10年縛り

 

 

GMは下手な鉄砲を撃ったものだ。
韓国産業銀行と米国ゼネラルモーターズ(GM)が、韓国GMの経営正常化のために7兆7000億ウォン(71億5000万ドル、7814億円)を投じることに26日、合意したと中央日報が報じている。

支援額が1兆7000億ウォンに増えた。
GM本社が負担する額は6兆9000億ウォン。
韓国GMに対する貸付金3兆ウォンを株式に転換させる分など3兆9000億ウォン。
産業銀行が支援するのは8000億ウォン。

GM本社は、新車配分等を通して韓国GMの生産施設を10年以上維持する。
また、GM本社が独断的に資産を売却したり市場から撤収したりできないように、産業銀行が拒否権(主な意志決定に対する拒否権)を持つ内容も株主間の協約に盛り込む。
(資産処分拒否権は、2002年に大宇自動車をGMが買収したときに15年間設定されたもの。2017年10月に時効が成立していた)

スポンサード リンク

ただ、GMと政府間の交渉であり、韓国GMの3000人のリストラについてはまだ不明。

GMは、韓国GMが製造する車両をどこで販売するのだろうか。
韓国では売れず、販売比率も少なく、FTA関係にあるEUでもこれまで使用していた独オペル(GMが昨年プジョー・シトロエングループに売却)の販売網は使えなくなり、GM本体もシボレーブランドを欧州から撤退させているというのに・・・。
中国へでも輸出するのだろうか。

GM系は中国で昨年404万台も販売している。
中国は2022年までに乗用車の輸入関税を現行の25%から10%に引き下げると発表しており、これを狙ったのだろうか。
こんなことばっかりしているから、GMの経営はいつまで経っても不安定要因を抱え改善されない。メアリー・バーラにもすでにGMのデトロイトカビ菌が巣食ってしまったようだ。

 

韓国GMの世界販売台数推移
世界販売台数
うち韓国での販売
 
販売台数
前年比
販売台数
前年比
比率
2010
1,000,000
 
 
 
 
2012
800,639
 
145,702
 
18.2%
2013
780,518
-2.5%
151,040
3.7%
19.4%
2014
630,532
-19.2%
154,381
2.2%
24.5%
2015
621,872
-1.4%
158,404
2.6%
25.5%
2016
597,165
-4.0%
180,275
13.8%
30.2%
2017
524,547
-12.2%
132,377
-26.6%
25.2%
 
18/1
42,401
-9.5%
7,844
-32.6%
18.5%
2
36,725
-19.0%
5,804
-48.3%
15.8%
3
41,260
-18.9%
6,272
-57.6%
15.2%
1~3月
120,386
-15.9%
19,920
-47.1%
16.5%

スポンサード リンク
[ 2018年4月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ