アイコン 進化 立体映像スマホ今夏販売か 「ホログラフィックディスプレー」搭載機

 

 

0522_03.jpg通信大手のAT&Tとベライゾンが、立体的な映像を表示する「ホログラフィックディスプレー」を搭載したスマートフォンが米市場に早ければ夏の終わりにも登場する可能性を明らかにした。

この立体映像機能は、映像機器メーカー、レッドの初めてのスマートフォン「レッド・ハイドロゲン・ワン」に搭載される。

ホログラフィックディスプレー機能は、特別なメガネなどを利用しなくても見られる立体映像を照射することができるという。

横や後ろから映像を見ることができるほか、特殊な手の動きを使って、映像と「交流」することも可能だという。

スマホメーカー各社は、防水機能や動く絵文字などの新しい機能で消費者を引き付けようとしている。

スポンサード リンク

AT&Tによれば、このスマホは早ければ夏の終わりにも登場する見通し。両社とも価格については明らかにしていない。

ただ、事前予約の期間の価格は、アルミニウムモデルが1295ドル、チタニウムモデルは1595ドルなどとなっている。

当初、このスマホは今年初めにも登場する予定だったが、その後、発売日が延期されていた。

以上、CNN参照

スポンサード リンク
[ 2018年5月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ