アイコン サムスン電子 半導体ファウンドリー(受託製造)事業強化へ

 

 

韓国のサムスン電子が半導体ファウンドリー(受託製造)事業の強化に乗り出した。
新たな研究開発(R&D)組織で技術開発に取り組み、現在の世界4位から順位を上げたい考え。

昨年は、半導体売上高で米インテルを抜いて世界トップに躍り出たが、ファウンドリー事業でも世界首位を狙う。

サムスン電子は、このほどデバイス・ソリューション(DS)事業部門内のR&D組織に「ファウンドリー研究所」を設けた。
昨年5月にシステムLSI事業部から切り離す形で「ファウンドリー事業部」を新設したのに続き、R&D組織も別途に構えた。ファウンドリー事業の強化戦略の一環とみられる。

投資家に対しても最近、「ファウンドリー事業部で今年100億ドル(約1兆1000億円)の売上高を達成し世界2位に浮上する」と目標を告げた。

スポンサード リンク

下半期にソウル近郊、京畿道・華城の半導体工場で新設ラインのテスト稼働を経て量産に入れば、最大手・台湾積体電路製造(TSMC)を追い抜く日もそう遠くないとの見方が出ている。

半導体プロセス技術の微細化ではすでにTSMCを先行しているとされる。思い切った投資に加え、大口顧客との協力関係の強化に力を入れており、見通しは明るいという。
以上、韓国紙

発注先が技術を盗人されることを考慮しなければ、規模で世界一になろう。しかし、技術をパクル習性は生まれつきのものであるかもしれない。
サムスン電子は、売上高でインテルを抜いて№1になったとしているが、その技術は英国、米国、日本などで開発された既存技術を進化させ続けているに過ぎない。サムスンに求められるのはコア技術である。
そうこうしているうちに、大挙して中国2025軍団が襲い掛かってくる。中国も米国との貿易戦争により、今後、政策的に米国製半導体を購入することになるが、その影響も出てくる可能性すらある。

スポンサード リンク
[ 2018年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ