アイコン 安室奈美恵の台湾ファイナル 5つの新記録 ダフ価55万円

 

 

安室奈美恵のファイナルツアーの2日間にわたる台北公演は、これまで他のアーティストの公演では見られなかった五つの「新記録」を打ち立てたと聯合報が伝えている。
今年9月16日をもって引退することを表明した安室奈美恵のファイナルツアー「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」のアジア公演が5月20日、台北アリーナで締めくくりを迎えた。台湾で19〜20日の2日間にわたって行われたステージは、約2万3000人の観客を動員した。

これまで台北アリーナでは、数々の国内外のアーティストがコンサートを開催してきたが、安室奈美恵の台湾公演は五つの「新記録」を打ち立てている。

スポンサード リンク

1、会場近辺で「最後のお願い」としてチケットを求めるファンの数が最多だったこと。転売業者に頼らず、何とか余っているチケットをゲットしたいと願うファンの姿が多く見られたこと。

2、チケットを持っていない、またはゲットできなくても諦めずに会場付近に残り、中から聞こえてくる音や歓声を楽しむ人の数が最多だったこと。台北アリーナの廊下からトイレの中まで、人があふれかえる騒ぎとなったこと。

3、コスプレイヤーの数が際立って多かったこと。アムロ風のコスチュームをまとった人や、思い思いの衣装で安室奈美恵への愛を示す人の姿が見られたこと。

4、チケット転売業者を通じた価格が過去最高だったこと。会場付近では良席が1枚15万台湾ドル(約55万5000円)で取り引きされていたこと。

5、なるべく視界を妨げるエリアを作らないという主催側の配慮で、37個あるボックス席をオープンにしたこと。これまで一度もなかった措置で、これによって芸能人や有名人たちの特権はなくなり、一般の観客と平等にコンサートを楽しむこととなったこと。
以上、5つの新記録となった「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜in Tawan」

安室

スポンサード リンク
[ 2018年5月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ