アイコン 「相手を潰せ」の日大アメフト刑事事件に 関西学院大被害者が被害届提出

 

 

今月6日、東京・調布市で行われた日本大学と関西学院大学とのアメフト定期戦で、球の攻防と関係ない場所で無防備な状態だった関西学院大のQB選手が、日大の選手に真後ろから悪質なタックルをされ全治3週間のケガをした事件。

早々に日大が、その事実に基づき非を認め、謝罪していれば、ここまで問題は大きくならなかったと思われるが、19日になってはじめて日大の内田正人監督は、ケガをした選手などに謝罪し監督を辞任する意向を示した。しかし、反則行為の指示については「文書で答える」などとして保留している。

スポンサード リンク

 内田正人監督にとって、スポーツ精神とは、勝つことにあるようだ。

 スポーツ全体が、自主性を重んじ、長所を引き上げ強化するコーチングに移行する中で、いまだ古い体質に依存した日大そのもののようである。

一番古い体質の日本の柔道さえ問題発生により大きく変化し、新たな指導方法で好成績を納めていることを見習うべきだろう。

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ