アイコン プロテニス 八百長蔓延 欧州最下部ツアーがひどい状況

 

 

一昨年、イギリスの公共放送、BBCなどが、ATP=男子プロテニス協会の調査文書などを入手して、ウィンブルドン選手権を含むプロテニスの試合で八百長が広がっていると報じていた。

ATPなどテニスの4団体が独立調査委員会を設けて調査、25日、独立調査委員会はヨーロッパなどで行われているプロテニスの最下部のツアー大会などで、八百長がまん延しているという中間報告書を公表した。

独立調査委員会は、約3200人の選手や、関係者への調査を行ったところ、プロテニスの最下部のツアーの大会や、1つ格上のチャレンジャーツアーなどで、八百長がまん延しているという。

特に、10月から年末までヨーロッパなどで行われるプロテニスの最下部のツアー大会では、1日に多くて2~3試合の八百長が行われた痕跡があるという。

スポンサード リンク

一方で、ウィンブルドン選手権を含む四大大会などの主要大会に出場するトップ選手が八百長に関わったとする証拠は見つからなかったという。

このため、独立調査委員会は、スポーツの賭け事を運営する会社を大会のスポンサーにしないなど、12の改革案をATPなどテニスの競技団体に提案した。

これに対して、団体側は「これらの提案に応えていきたい」とコメントしている。

以上、報道参照

  中近東や韓国ではあるまいし。

スポンサード リンク
[ 2018年4月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ