アイコン 公取委 独占禁止法違反容疑でマイナミ空港サービスへ立入検査

 

 

公正取引委員会は22日、航空燃料の販売をめぐり、同業者の取引を不当に妨害した疑いがあるとして、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで、業界大手のマイナミ空港サービス(東京都港区)を立ち入り検査した。

関係者によると、マイナミ社は遅くとも数年前から八尾空港(大阪府)で取引先に対し、同業者から燃料を購入すれば「混合した場合の安全性を保証できない」などと指摘。安価に燃料を供給する同業者の取引を妨害した疑いが持たれている。

同業者から燃料を購入した取引先には「事故があっても責任は問わない」との趣旨の書類に署名させるなどして、事実上、自社から購入するように仕向けていた。
国土交通省によると、航空機の燃料は規格が同一であれば、混ぜても問題はないという。

マイナミ社は持株会社マイナミホールディングスを核にグループ会社を擁し、地方空港などで、ジェット旅客機、小型プライベートジェット機、ヘリコプターなどに燃料を供給している。
エアライン各社、警察、消防、自衛隊、報道機関などを主要得意先として抱えている。
 

スポンサード リンク
会 社 名
マイナミ空港サービス株式会社
本社地
東京都港区元赤坂1丁目7番8号
代表者
南 友和
設立年月
 昭和47年4月
資本金
3000万円
事業内容
国内主要空港における航空機給油
航空用石油製品の販売
航空機運航支援業務
航空燃料施設管理業務
航空燃料保税取扱業務(名古屋空港)
航空関係通関業務(関西国際空港)
業務
全国14ヶ所に事業所・営業所を開設し、それに伴う人員機材を配備し、内外のエアーラインをはじめ、運輸省・警察・消防・自衛隊・報道機関等に航空燃料を供給。
燃料系品目
航空機用ピストンエンジンの燃料
航空機用タービンエンジンの燃料
エーロシェル オイル
エーロシェル タービン オイル
エーロシェル フルード
エーロシェル グリース
メタノール ミックスチュア
エーロシェル キャリブレーティング フルード 2
社 員 数
240名
マイナミホールディングス傘下企業
マイナミ貿易(株)
福岡給油施設(株)
大阪ハイドラント(株)
マイナミ空港サービス(株)
ユニ石油(株)
共立石油(株)
綜合タンクエンジニアリング(株)
(株)航空新聞社
ユーワエンタープライズ(株)
マイナミ開発(株)
マイナミアミューズメント(株)

0523_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ