アイコン 世界一のバンジージャンプ8月オープン 中国湖南省張家界大峡谷ガラス橋 高260m

 

 

中国湖南省(省都:長沙市)北部の張家界大峡谷にあるガラスの橋に8月、高さ260メートルからバンジージャンプを行う設備がオープンする。

この橋はガラス張りのものとしては世界一の高度で、バンジージャンプも世界一の高さになる。

現在世界一の座を保持しているのは「マカオタワー・バンジージャンプ」で、高さは233メートル。

現地の観光運営会社幹部はCNNの取材に、「張家界大峡谷バンジージャンプを特別にしているのは、ジャンプ時に張家界の素晴らしい風景を一望できる点だ」と指摘。「歩道がガラス張りになっているため、観光客はただ下を見て、他の人のバンジージャンプの様子を眺めることもできる」とした。

マカオタワー・バンジージャンプと異なる点としては、橋から飛び降りる際に補助ケーブルが必要ないため、フリーフォール(自由落下)の感覚を味わえることを挙げている。

スポンサード リンク

橋のたもとにはバンジージャンプをテーマに据えたバーやレストランも開店する。

気の弱い人は関連ドリンクを頼み、怖いもの知らずの挑戦者が飛び降りるのを見ていることも可能。

先月には、オープンを前に世界中のバンジー好きが招待され、大会が開かれた。

張家界大峡谷のガラスの橋は2016年に開通。全長は430メートルで、深さ300メートルの渓谷の崖の間に架かっている。設計はイスラエルの建築家ハイム・ドタン氏で、オープン以来590万人が訪れている。

0614_04.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ