アイコン 中国製の安価で優秀な監視カメラシステム  中国当局、世界中から情報取得 ビッグデータ

 

 

「安くて性能も良い」中国メーカーの電子機器。そこには危険も潜んでいる。ブログ「僕とネットショッピング」の管理者は2017年、通販サイトで中国製ネットワークカメラを購入したと投稿した。
しかし、管理者や家族はすぐさま異変に気付いた。「操作していないのに勝手に追うようにして動いている」「中国語らしき言葉が聞こえてくる」という。
管理者は気味悪さから、製品を返品した。
金盾、雪亮、天網、平安城市、智慧公安など、これらの中国官製監視システムは、中国国内で個人情報を収集してビッグデータを構築してきた。
これらは最近、海外にも広がっており、日本のブロガーが体験した監視カメラの「異変」も、その監視網の一片を見たのかもしれない。

創業当初から人民解放軍との繋がりがあるファーウェイ(華為、HUAWEI)や、中国大手SNS微信はそれぞれ、中国当局に利用者情報を提供している。
(日本で販売された華為のスマホにバックドアが設定されているのを、セキュリティ会社が見つけ指摘、華為は間違っていたとして、無効になる更新により対応したという。中国ではすべての製品にバックドアを仕込んでおり、日本でも指摘されるまで情報取得していたのだろう。中国と一戦を交えたくない日本政府は一切問題視しなかった。世界で安価に販売され、市場占有率ナンバー1の華為やZTE製の中継基地用機器にもバックドアが仕込まれているのは有名な話)

スポンサード リンク

こうした背景から、海外のユーザーや国会議員たちは、中国のIT技術によるプライバシー侵害を懸念している。
人権専門家は、中国の監視技術の海外への輸出は、国際社会に注目されるべきだと主張している。
インターネットはサービス開始から人々にもたらしてきた「自由で開かれた情報網」というビジョンとは真逆に、中国共産党政府は国内インターネットで主権を握ってきた。

中国国民が閲覧したりサービスを受けたりできる内容は、共産党政府の検閲を通して決定した内容に厳しく限定されている。
同時に政府は、収集したデータを政治的意向で操作したり利用したりしている。

人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国担当マヤ・ワン氏は、ワシントン・ポストの取材に対して、中国IT技術による情報収集に対して、ほかの国の政府は厳しく計画的な行動をとるべきだと提言している。

「中国政府が超法規的なオーウェル(超監視社会)政策を実施し、国外にその手法を輸出しているのは、驚くことでもない」
「脅かされているのは中国人の自由のみならず、全世界の国民の自由だ」
と語った。
近年、中国で生産された監視カメラや映像解析システムは、英国、ブラジル、エクアドル、ケニア、エチオピアなど、数多くの国に輸出されている。

中国紙・南華早報によると、AIで個人認証サービスを提供する中国国営の新企業・Questyle Audio technologyは、東南アジアで事業拡大を狙っている。

海外政府のインフラ調達プロジェクトへの入札に加えて、中国の監視装置もまた、Amazonやebayなどネット商取引会社を通じて、一般家庭にも届いている。

Amazon.comの監視カメラのベストセラーリストには、深圳慧眼視訊や小蚁公司など、多くの中国企業が上位にランクインしている。

日本語のAmazon.jpにも、中国企業の出展品がほとんどを占める。中国製品の多くは安価であり、入手しやすい。他国企業の半値以下で売られていることもある。

5000円の中国の監視カメラでも、機能は米国のものと遜色ない。ある中国企業のカメラの性能評価には、4700件を超えるユーザーレビューがあり、高評を得ていた。
ただし、レビュー上位のユーザーは、プライバシーに関する問題について懸念を示している。
それによると、カメラ機能を有効にして操作するには、専用アプリを自分のスマートフォンにダウンロードしなければならないという。
アプリは、サイト閲覧履歴、通信履歴、連絡先、使用しているアプリなどの情報を収集すると危惧されている。
あるユーザーは、この専用アプリは、本人の許可なくスマートフォンのシステムを管理・操作できるようだと書いている。
「単純な監視カメラの利用に、どうしてアプリのインストールが必要なのか。中国で作られたこのアプリは、間違いなく私の安全上の脅威である」
「私の電話が中国政府に監視され、操作されるなんて嫌だ」とユーザーは書いている。
以上、報道参照

中国は、性には寛容だが、政には61398部隊だけで10万人が監視し、即刻削除している。また、ネット上で政治批判を行ったりすれば、削除されたとしても投稿者は処分や拘束・逮捕されるケースもある。
孫正義氏はすべてにおいて商売=利を優先しており、セキュリティにはまったく関心がなく、好きにしてくれ状態のようだ。ARM中国をどう動かすのだろうか。サウジのサルマン皇太子を手なずけ、トランプを手玉に取り、習近平のお気に入りメンバーに入ろうとしているのだろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ