アイコン 札幌で逮捕 ロシア製電気銃「オサー・PB・4M」所持

 

 

道警は、銃身も撃鉄もなく、電気で弾を発射する仕組みのロシア製の拳銃「オサー・PB・4M」と実弾1発が、全国で初めて警察に押収され、札幌市の32歳の男が所持していたとして逮捕し、その後検察が起訴していた。

男性は「ロシアから日本に来た友人にもらった」と供述しているという。

「オサー・PB・4M」は、全長が12センチほどで、弾を装填するためのシリンダーに似た部分があり、引き金をひくと電気が流れて薬きょう内の火薬に着火し、弾が出る仕組み。

警察によると、ロシアでは陸上競技のほか護身用としても使われていて、人に向けて撃った場合、殺傷力もあるという。

以上、

スポンサード リンク

 

20年もすれば、超小型のレーザー銃が登場するかも知れない。

0602_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ