アイコン 北海道労金帯広支店で職員1.6億円着服 内部牽制制度の問題

 

 

札幌市の北海道労働金庫は30日、帯広支店で出納業務を担当していた20代の男性職員が現金約1億6000万円を着服していたと発表した。
男性職員は発覚翌日の今月8日に死亡しているのが見つかったという。
北海道労金によると、男性職員は昨年4月から今月6日までの間に、現金自動預払機(ATM)から、複数回にわたって現金を着服していたという。8月7日に別の職員が機器内の現金を確認し、着服が発覚した。

男性は、発覚直後に所在不明となり、翌8日に帯広市近郊で死亡しているのが見つかった。北海道労金は、事件性はないとして死亡の詳しい経緯を明らかにしていない。
北海道労金は、管理責任を問い、理事長や役員、当時の上司らを処分する方針。
以上、

スポンサード リンク

金融機関は、以前は不正が生じないよう現金などは2人で取り扱っていたが、人減らしで内部牽制制度が形骸化し、杜撰になっているのだろう。
労金帯広は1.6億円も着服されるまでわからないほど内部牽制制度が寸断されているようだ。また、支店の監査体制もいいころ加減だった結果、職員の中に、こうした犯罪者も生んでしまった。

スポンサード リンク
[ 2018年8月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ