アイコン 岐阜市「Y&M藤掛第一病院」入院患者5人死亡 殺人容疑で病院捜索

 

 

岐阜県警は28日夜8時過ぎから、岐阜市の民間病院「Y&M藤掛第一病院」(院長:藤掛陽生)で、80代の入院患者4人が死亡した問題で、容疑者を特定せず、殺人の疑いで病院を捜索した。
なお、84歳の男性が28日新たに死亡していたことが判明、亡くなったのは計5人となった。新たに死亡した男性も熱中症と見られるという。

警察は、気温が夜30度を超える暑さの中、エアコンが故障した病室で4人が熱中症になった可能性があるとみて、病院の管理体制などを調べている。
当病院では、26日から27日にかけ、3階と4階の病室に入院していた83歳から85歳の男性2人と女性2人が相次いで死亡した。

スポンサード リンク

病院によると、今月20日ごろから3階と4階のエアコンが壊れていて、9台の扇風機で対応していたという。
また、症状が重い一部の患者は、エアコンがきく病室に移したが、亡くなった4人は、いずれもエアコンがきかない病室にいたという。

岐阜市内は26日夜、気温が30度を超え、27日も午前中、33度から34度を観測し、気象台は、高温注意情報を出して、熱中症への注意を呼びかけていた。

警察は、気温が30度を超える暑さの中、エアコンが故障した病室で4人が熱中症になった可能性があるとみて、病院の管理体制などを調べている。
以上、

人の命を預かる病院、エアコンが壊れたら、すぐ故障を直すのが当たり前だろう。それができないならば、高温時、故障している部屋の全員をエアコンが効く部屋に移動させるとか、部屋ごとに氷屋の大きな氷を置くことも可能だ。

当病院のHPを見ると、夜勤体制は看護師1名、看護士1名の2名となっている。定員は65床となっている。老人医療専門病院
院長は、記者たちの取材に対して、
「いつ病状が急変してもおかしくない状況で、病院としては何か問題があったとは考えていない」
「患者の中には『暑い方がいい』と言う人もいる」
「エアコンの修理は故障した日に依頼したが、業者に『1ヶ月かかる』と言われ、今もまだ修理できていない。病院としては何か問題があったとは考えていない。」
と発言している。

病院長は、30度以上の高温で熱中症の可能性がある極悪環境に患者の老人たちを置いていて、恐ろしくも、病院側として何か問題があったとは考えていないとしている。
病院で、エアコンが故障していたから熱中症になって患者たちが死亡した。それで過失もないとする病院長の・・が疑われる。
エアコンの故障は言い訳に過ぎない。
こうした病院が巷に多くあるのだろうか。あったら、すぐ直してもらいたいものだ。

0829_03.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年8月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ