アイコン 2018年上半期の近畿圏の分譲マンション販売状況/不動産経済研究所

 

 

不動産経済研究所の2018年上半期の近畿圏のマンション動向によると、
Ⅰ、前年同期比 3.1%増の9,087戸。
大阪府下、神戸市部、奈良県、滋賀県が増加。
Ⅱ、価格は3,763万円(1.5%アップ)、m2単価64.5万円(3.7%アップ)。
Ⅲ、下半期は約9,000戸。タワー・大規模の発売開始がキーポイント。

1、2018年上半期(1~6月)の新規販売戸数は9,087戸。対前年同期(8,815戸)比3.1%(272戸)増。

スポンサード リンク

2、上半期の地域別発売戸数は、
大阪市部 3,861戸(前年同期 4,444戸)、
大阪府下 2,092戸(同 1,718戸)、
神戸市部 1,568戸(同 707戸)、
兵庫県下 630戸(同 680戸)、
京都市部 485戸(同 751戸)、
京都府下 64戸(同 149戸)、
奈良県 152戸(同 130戸)、
滋賀県 213戸(同 139戸)、
和歌山県 22戸(同 97戸)。

3、前年同期実績に対する地域別販売戸数の増減率は、
大阪市部▲13.1%減、
大阪府下 21.8%増、
神戸市部 121.8%増、
兵庫県下▲7.4%減、
京都市部▲35.4%減、
京都府下▲57.0%減、
奈良県 16.9%増、
滋賀県 53.2%増、
和歌山県▲77.3%減となっている。

4、上半期の1戸当たりの平均価格、m2単価は3,763万円、64.5万円。
  前年同期は3,709万円、62.2万円であったことから、前年同期比総額では54万円(1.5%)のアップ、m2単価では2.3万円(3.7%)のアップしている。

5、上半期の地域別平均価格、m2単価(各増減率)は以下の通り。
大阪市部 3,456万円、72.7万円(前年同期比 2.0%上昇、2.7%上昇)、
大阪府下 4,137万円、56.3万円(同 6.1%上昇、7.6%上昇)、
神戸市部 3,446万円、70.4万円(同▲5.4%下落、20.5%上昇)、
兵庫県下 4,925万円、63.1万円(同 5.5%上昇、2.8%上昇)、
京都市部 4,060万円、59.2万円(同▲6.2%下落、▲8.8%下落)、
京都府下 4,978万円、64.4万円(同 24.9%上昇、19.5%上昇)、
奈良県 3,876万円、50.3万円(同 3.1%上昇、4.4%上昇)、
滋賀県 3,474万円、47.0万円(同▲7.9%下落、▲4.3%下落)、
和歌山県 3,464万円、43.2万円(同 1.0%上昇、▲5.1%下落)。
・神戸市部は都市型コンパクトの供給増により単価は大幅上昇。

6、1~6月の平均月間契約率は74.1%で、前年同期の76.9%に比べて▲2.8ポイントダウン。

7、1~6月の総契約戸数(2017年末の継続販売戸数を含む)は9,328戸で前年同期実績の総契約戸数9,425戸を97戸(▲1.0%)下回っている。

8、継続販売戸数は2,298戸、’17年6月末(2,172戸)比126戸増。

9、下半期の発売見込みは、約9,000戸で前年同期(10,745戸)比▲16.2%減。

↓JR九州が手がける「ザ・船場タワープロジェクト」帝人本社跡地再開発
JR九州は大幅無人駅化を進め、今度は九州の各鉄道路線を見境なしに大幅減便、新幹線を除き、いずれローカル鉄道事業から撤退する可能性も高かろう。
大阪では単独事業主として帝人本社跡地で超高層マンション開発をしている。

0718_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ