アイコン 米国勢車 中国で不買運動に直面 3ヶ月連続2桁マイナス 月別3年比較

 

 

米トランプが仕掛けた米中貿易戦争、中国においては米国勢の車両販売にも影響してきている。米国勢の車両は不買運動にさらされていると見られ、5月から前年同月比ではっきりとした2桁マイナスが続いている。
米国からの輸入車については、25%関税付加で50%関税になっており、米国外の輸入車両はこれまでの25%から15%に引き下げられており、米国からの中国向け輸出車は、不買運動とともに高い関税に販売価格が大幅上昇し、大打撃を受けているものと見られる。(米国から中国へ輸出されている車両は、米国勢にとどまらず、一部日本勢やドイツ勢の車両もある)

米トランプにしても、301条知的財産権侵害による500億ドル中国制裁のうち、7月6日に340億ドル制裁したものの、残り140億ドルについては控えている=遅れている。そうした中、中国は高官を米国へ派遣すると表明した。
中国は、5月には「李克強首相ではなく、習近平の腹心で政策通の「劉鶴」副首相を米国へ派遣し、いったん和解したものの、北朝鮮に対する中国関与に怒った米トランプが、通告どおり6月15日の中国制裁を発表した。

スポンサード リンク

中国では8月はじめに開催された北載河会議において、長老達から習近平国家主席は、個人崇拝と対米貿易についての対応を批判されたものと見られ、今月下旬に、前回の「劉鶴」ではなく、専門家の国際貿易交渉を担当する「王受文」商務次官を米国へ派遣すると発表した。

米トランプが仕掛ける貿易戦争は、イランもトルコもあり、余波を食ったアルゼンチンもおかしくなってきており、輸入自動車に対する制裁関税も控え、中国だけでも沈静化することを期待するしかない。

中国市場における米国勢の販売台数
 
2016年
2017年
2018年
 /万台
台数
前年比
台数
前年比
台数
前年比
1月
26.90
10.3%
26.51
-1.4%
26.53
0.0%
2月
17.21
-1.0%
16.95
-1.5%
16.75
-1.1%
3月
23.96
8.4%
24.62
2.7%
22.74
-7.6%
4月
19.72
9.0%
21.45
8.7%
22.10
3.0%
5月
20.16
9.3%
22.15
9.8%
19.63
-11.3%
6月
21.70
1.7%
23.50
8.2%
18.12
-22.8%
7月
21.02
43.5%
20.25
-3.6%
16.83
-16.8%
8月
24.01
32.5%
24.76
3.1%
 
 
9月
28.33
26.5%
28.91
2.0%
 
 
10月
28.51
17.9%
29.97
5.1%
 
 
11月
31.45
15.2%
31.74
0.9%
 
 
12月
32.66
4.6%
33.15
1.5%
1~7月
合計
296.46
14.2%
303.95
2.5%
142.70
-8.1%
中国計
2437.69
14.9%
2,471.83
1.4%
1,336.45
3.3%
・GMは2017年中国で404万台販売(輸入車と中国3社合弁生産車含む)。
・中国計は乗用車の工場出荷ベースの販売台数の中国総合計(乗用車)。
2018年の合計は1~7月までの累計値
・中国汽車工業協会版、マークラインズ参照

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ