アイコン 竹中工務店 社員 架空発注不正

 

 

大阪府警は8日、大手ゼネコンの竹中工務店から架空工事を発注する手口で、現金をだまし取ったとして、大阪市港区の同社元社員、山容疑者(68/懲戒解雇)を詐欺容疑で逮捕し、発表した。「だまし取ろうという気持ちはなかった」と容疑を否認しているという。

スポンサード リンク

捜査2課によると、山容疑者は、徳島県内の同社作業所で勤務していた2014年1~4月、架空工事を協力会社に発注して請求書を提出させ、竹中工務店から協力会社名義の銀行口座に振り込ませた代金約145万円をだまし取った疑いがもたれている。
口座記録などから使途は借金返済やギャンブルとみており、同様の手口を繰り返していた疑いがもたれている。
同社では、外部から指摘を受け、社内調査を実施したところ、山容疑者が不正を認めたという。

以上、

竹中は、145万円で警察に被害届を出すだろうか、それも4年前の案件、立件するのに半年かかったとして相当な時間が経過している。被害金額は実際はかなり多いのかもしれない。
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ