アイコン (旧)宮崎カーフェリーの福岡マゼラン(株)、福岡セラーン(株)/特別清算 負債89億円

 

 

旧宮崎カーフェリー(株)の福岡マゼラン(株)(宮崎市港3-14、本店登記:福岡市中央区天神1-6-8資本金1000万円、代表清算人:黒木政典)と関連で船舶保有会社の旧宮崎船舶(株)の福岡セラーン(株)(同、本店登記:同、代表清算人:同)は8月15日、福岡地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

事件番号は平成30年(ヒ)第1003号・第1004号。

負債額は、福岡マゼランが約15億円、福岡セラーンが約73億円。

福岡マゼランは平成16年4月に、特別清算した(株)マリンエキスプレス(宮崎市/平成17年12月特別清算)から、宮崎~日向~貝塚港(大阪)、宮崎~大阪南港の2航路の営業権を取得し、宮崎カーフェリー(株)の商号で設立されたフェリー会社。

平成18年3月期には約60億円の売上高を計上していた。

スポンサード リンク

しかし、貝塚航路は採算ラインに達しなかったため、平成19年3月期中に撤退。大阪航路のみの運航となり、平成26年10月からは神戸港へ航路を変更していた。

平成27年3月期以降は燃料価格の低下により採算は好転したが、リース代の返済原資を確保するまでには至らなかったほか、新船建造に対する資金手当のめどが立たなくなっていた。

このため、両社はそれぞれ会社を分割し、新たに設立した(新)宮崎カーフェリー(株)に2社の営業権を譲渡し、両社は平成30年2月28日に社名変更し、解散を決議していた。

福岡セラーンは、破綻したマリンエキスプレスが所有していたカーフェリーなどの資産承継。船舶2隻を保有し、宮崎カーフェリーにリースしており、同様の措置となった。

なお、3月1日から(新)宮崎カーフェリー(株)(宮崎市)が、地域経済化支援機構などからの出資を得て営業を継続している。

輪廻:日本カーフェリー⇒マリンエキスプレス⇒宮崎カーフェリー⇒(新)宮崎カーフェリー

スポンサード リンク
[ 2018年8月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ