アイコン 震度7の北海道胆振東部地震 建物被害全壊32棟 これまでの状況 余震推移

 

 

6日に発生した震度7の北海道胆振東部地震、北海道庁による10日午後9時現在の建物被害のまとめでは、
全壊が、厚真町で19棟、安平町で7棟、むかわ町で6棟の計32棟。
半壊は、むかわ町で14棟、安平町で4棟の計18棟。
一部損壊は、三笠市で4棟、安平町で3棟、由仁町で2棟、室蘭市で1棟の計10棟。
このほか、北広島市では少なくとも40棟が被害を受け、札幌市でも液状化などで多くの建物に被害が出て、まだ被害状況を調査中でもある。

亡くなった人は41人(うち大規模山崩れの厚真町は36人)。
10日現在の避難生活者は1989人。

まだ、水源地が地震で破壊されたための断水や送電線断線などで停電も続いている地区も多い。

スポンサード リンク

電力は、ブラックアウトで発電を停止した被害を受けていない発電所が7日午後から順次稼動しだし、被害した多くの変電・配電機器の応急措置も取られ、本北通電もあり、10日現在、安定的に供給できる電力量は346万キロワットに達しているという。
現状体制346万kW、北電315万kW(発電準備中含む)、本北通電60万kW、企業の自家発電50万kW(新日鉄10万、日本製紙8万、王子製紙、JXTG4万など)。
しかし、製造企業なども生産を再開させており、総需要電力量のピークは385万kWとされ、北海道民に対して節電を呼びかけている。(本来、総需要電力見込みの10%以上の空が必要)

上記の北電数値に含まれない震源地に近く発電をストップさせている北電最大の火力発電所の苫東厚真発電所(165万kW)は、発電機器の調査段階にあり、再開は、早くて1週間後、被害状況しだいでは数ヶ月後になるという。
(当発電所には発電機が70万kW、60万kW、35万キロワットの3機あり、被害が少ない分から稼動させるものと見られる)。

鉄道は、線路に被害を受けた路線以外は復旧している。
スーパーなどでの買い物もほぼ平常に戻りつつある。
節電のため、鉄道は間引き運転、ネオンも消し、コンビニやスーパーなどでも灯りを減らし、家庭も節電に努めている。
まだ、余震も続いており、その対策も必要で安心できる状況にはない。

 

9月5日以降のM3.0以上の地震の発生状況(全国)
2018年
震源地
地震規模
9月11日04時58分
胆振地方中東部
M4.5
9月11日04時27分
福島県沖
M4.0
9月10日23時58分
千葉県南東沖
M4.8
9月10日05時51分
胆振地方中東部
M3.7
9月 9日22時55分
胆振地方中東部
M5.0
9月 8日18時21分
胆振地方中東部
M4.2
9月 8日01時28分
胆振地方中東部
M4.0
9月 7日22時43分
胆振地方中東部
M4.5
9月 7日17時12分
胆振地方中東部
M3.5
9月 7日13時25分
胆振地方中東部
M4.6
9月 7日04時37分
胆振地方中東部
M4.1
9月 7日03時47分
胆振地方中東部
M3.7
9月 6日23時43分
胆振地方中東部
M4.1
9月 6日22時35分
胆振地方中東部
M4.0
9月 6日16時53分
胆振地方中東部
M4.4
9月 6日14時39分
胆振地方中東部
M4.3
9月 6日06時32分
胆振地方中東部
M3.9
9月 6日06時11分
胆振地方中東部
M5.4
9月 6日06時04分
胆振地方中東部
M4.4
9月 6日05時13分
胆振地方中東部
M3.3
9月 6日04時10分
胆振地方中東部
M4.7
9月 6日03時32分
胆振地方中東部
M4.6
9月 6日03時08分
胆振地方中東部
M6.7
9月 5日10時26分
根室半島南東沖
M4.4
9月 5日05時11分
茨城県沖
M5.6

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ