アイコン 追報:瀬下建設工業(株)(秋田)/民事再生申請へ

 

 

地場ゼネコンの瀬下建設工業(株)(秋田市山王中島町10-26、代表:瀬下和夫)は7月2日事業を停止したが、このたび、事後処理を山崎浩一弁護士(電話075-222-2233)に一任して、民事再生法の適用申請の準備に入った。

負債額は約16億円。
同社は昭和62年3月設立の地場ゼネコン。官庁工事や民間工事の建築物から土木工事まで受注し、平成29年12月期でも約22億円の売上高を計上していた。

スポンサード リンク

しかし、受注競争も激しく採算性が悪化していた。資金面では関連会社への流出や投資による資金の固定化もあり、借入金も大きく資金繰りに窮するようになり、7月銀行決済ができず、事業を停止していた。

以上、

民事再生を申請するならば、もっと早く申請すべきではなかっただろうか。信用毀損のほか、工事現場も毀損している可能性がある。

既報記事
瀬下建設工業(株)(秋田)/成り行き注目  ラグビー元日本代表NO8が社長

 

瀬下建設工業(株)の財務内容と業績 平成28年12月期/千円
流動資産
1,175,571
流動負債
1,100,285
 
 
固定負債
304,507
固定資産
409,876
自己資本
180,655
 
 
(資本金)
218,500
総資産
1,585,447
負債+資本
1,585,447
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
1,713,462
142,674
-12,537
11.3%
・建築と土木半々
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ