アイコン 仁川上陸作戦のマッカーサー像に再び火付ける それでも韓国は逮捕せず

 

 

反米団体の牧師(61)とメンバーの2人が23日未明、韓国・仁川市中区の自由公園にあるマッカーサー将軍の銅像に火を付けた。
牧師は、今年7月にもマッカーサー像に火を付けていたがロウソク民心警察は、当時、この牧師は「マッカーサーの銅像に火を付けた」と自供したものの、牧師に対し、放火容疑ではなく無届けでの集会開催容疑などを適用し、逮捕しなかった。そして前回の事件から3ヶ月後、再びマッカーサー像に放火した。

仁川中部警察署は同日、反米団体「平和協定運動本部」の共同常任代表を務めるこの牧師と、団体メンバー(41)の捜査に着手したと発表した。
2人は同日午前3時ごろ、マッカーサー像の前で「戦争によって生きている米国が、南北首脳会談まで妨害している」として、引火性の物質を染み込ませた布に火を付けた。この火によって銅像の台座が黒く焦げた。しばらくして、住民からの通報により警察が現場に出動したが、牧師らの取り調べはこれから実施する予定だという。

牧師は、この日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「きょう、米国人のダグラス・マッカーサー像に2回目の放火を実行する」と書き込んでいた。

スポンサード リンク

また、火を付ける様子を撮影し、動画共有サイト「ユーチューブ」に動画を投稿した。

この牧師は、かつて大法院(最高裁に相当)で利敵団体との判決を受けた祖国統一汎民族連合南側(韓国側)本部の中央委員として活動し、北朝鮮へのビラ散布反対、在韓米軍撤退などを訴える運動を繰り広げてきた。

牧師は7月にも別のメンバーと共にマッカーサー像によじ上り、持参した布団に火を付けて「マッカーサーを火あぶりの刑にした」と主張した。
警察は当時、牧師を特殊損壊罪と集会及びデモに関する法律違反の容疑で立件し、今月2日に書類送検した。

警察の関係者は「放火罪が成立するのは火災によって公共の危険が生じたときだけであり、人けのない時間に火を付けただけでは放火罪の適用は難しかった」と説明した。

警察は今回も「放火罪の適用を検討しているが、適用は容易ではない」との立場だ。火を付けたのは持参した布だったため、自分の所有物への放火罪(3年以下の懲役または700万ウォン〈約70万円〉以下の罰金)が適用される可能性はあるが、今回も「公共の危険」があったと見なすのは困難。
警察は2人の逮捕状も請求しない方針。
理由は「自分たちの犯行を撮影してインターネットに投稿するという確信犯であるため、証拠隠滅や逃亡の可能性が低い」からだという。
以上、異常な国・韓国

こうした火をつけても逮捕もされず、韓国では米国を象徴し、今日の自由の国・韓国を生んだ総司令官のマッカーサーを火炙りの刑に処す韓国人の脳味噌がわからない。
  牧師といってもわけのわからない新興宗教の牧師だろう。韓国人は感情が激しく、断定型が多く、教祖向き人材が多く、新興宗教だらけ、最大規模の統一教会は、日本の現政権にも色濃く入り込んでいる。
日韓トンネル研究会は統一教会の(故)文鮮明が日本で作った協会であり、一時は何百人もの代議士たちが名を連ねていた。首相の爺様とは特に濃い関係だった。

ロウソク民心教の文在寅教祖が、トランプ大統領を手駒にし、従北の過激な本性を現してきている。南北間ではやりたい放題となっており、トランプ大統領が近いうちキレル可能性すらある。
東洋のやり方は西洋人には通用しない。タイムアウトさえある。

現在の自由の国「韓国」があり、韓国民がいるのは、朝鮮戦争で、米軍兵士40,677名、イギリス軍兵士1,257名、国連軍兵士1,831名の犠牲者の上にあることを、一度たりと韓国人たちは考えたことがあるのだろうか。
中国でも北朝鮮でも政治的な発言は100%政府に迎合した発言や称賛した発言でない限り、檻もしくは教育所送りになる現実を知らぬ人たちでもある。

1024_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ