アイコン 青森市議当選の山崎翔一氏 匿名で差別的表現

 

 

10月28日の青森市議選で初当選した新人山崎翔一氏(28)が、ツイッターの匿名アカウントで「片腕落として障害者雇用」、年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん 君にそんなエネルギーあるんかい」などと差別的な表現の書き込みをしていたことが1日分かったと報道されている。投稿は8月~10月下旬。
山崎氏は、本人のアカウントで「不快に思われた方がいると思う。申し訳ない」と謝罪している。

青森市出身、28歳、早稲田大学卒、ソフトウェアエンジニア、今年10月28日の青森市議選挙で2124票を獲得して初当選、成り立てのホヤホヤ。

スポンサード リンク

こうした人がイケメンと勘違いされ、2124票も獲得して青森市の政治を動かすことになる。

まあ、麻生閣下が何を言っても何のお咎めないことから、山崎氏も何のお咎めもないことだろう。謝罪もしているし。
政治家の秘書になり、そこで勉強してから、中央を目指せばよいのに。


1102_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年11月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ