アイコン 11月18日から11月24日までのアクセスが多かった倒産記事など

 

 

3連休半ば、11月18日から11月24日までのアクセスが多かった倒産記事などを紹介。

今週の注目の記事は(株)エム・テック/破産開始決定

建設業界ではかなり大騒ぎになっているようだ。

 

一般ニュースで話題だったのは、やはり日産ゴーン会長の逮捕

ルノーはフランス政府が筆頭株主であり、すでに国策として日産を手中に収めようとしていたといわれている。

今回のゴーン逮捕は、日産の首脳陣によるクーデターだとか、日米の思惑が一致したとか、フランスは外交問題として注視しているとか、いろいろな思惑が乱れ飛んでいる。

さてこのニュース、どこへ着地するのか。

 

ゴーン
画像はブルームバーグより

スポンサード リンク
 

追報:(株)エム・テック/破産開始決定 一般債権者向け資産なし 限りなく配当0

10月1日民事再生法の適用申請し、10月22日、東京地方裁判所から再生手続きの廃止決定を受けた(株)エム・テック(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-7-2、代表:向山照愛)は11月20日、裁判所の職権により破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、北秀昭弁護士(破産管財人室電話03-5501-2374)が選任されている。

負債額は、債権者887人に対し約253億円。

同社は昭和63年設立の高速道や橋のPC橋梁、土木、建築、解体工事などを手がける総合ゼネコン。関東地区での建築工事や官公庁案件などを積極受注し業績を伸ばし、また、平成17年9月には民事再生法を申請した中堅ゼネコンの勝村建設(株)(当時、東証1部)の受皿会社を吸収するなど、複数の破綻企業を傘下に入れるなどして業界中堅に成長、営業エリアを全国に拡大、公共工事を中心に東日本大震災の港湾復旧工事などでさらに完工高を伸ばし、平成27年7月期には約245億円の売上高を計上していた。

 

日本ポリプロ(株)(東京)/事業停止

事務用品製造販売の日本ポリプロ(株)(所在地:東京都大田区西蒲田7-13-1 昭和39年12月設立 代表:幾橋俊介)は11月5日、同日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。

 

野村貿易(株)(大阪)/自己破産へ

婦人靴卸の野村貿易(株)(大阪市生野区中川4-14-23、代表:野村昌秀)は11月19日事業停止、事後処理を中西敏彰弁護士(電話06-6202-1088)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約4億円。

(株)トラスト(東京)/破産手続き開始決定

(株)トラスト(所在地:東京都板橋区常盤台*** )は10月31日、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

 

老舗醸造メーカーの(株)ケー・エス(石川)/自己破産申請

老舗醸造メーカーの(株)ケー・エス(所在地:石川県白山市鶴来本町1-ワ47 代表:小堀幸穂)は11月16日、同日までに事業を停止し、金沢地裁において自己破産を申請した。不採算事業を整理するための措置。

負債総額は約23.5億円。

 

倒産を追う (株)エム・テック 負債額250億円、一般債権だけでも160億円

<経営破綻>
1、2018年10月1日、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請、保全処分命令

2、負債額:約250億円
内訳:一般債権約160億円、金融債務約70億円、リース債務約20億円。
2、申請代理人:栃木義宏弁護士(栃木・柳澤・樋口法律事務所、電話03-3580-1331)。
3、監督委員:北秀昭弁護士(北秀昭法律事務所、電話03-6435-6802)
4、債権者説明会:10月4日開催

 

 

 

スポンサード リンク

[ 2018年11月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ