アイコン 観光 スペイン アメリカを抜き2位に 1位は不動のフランス

スポンサード リンク

スペインのマリアノ・ラホイ首相は10日、海外からの観光客数において、昨年同国が米国を抜き、フランスに次ぐ世界第2位に躍り出たと明らかにした。

 移民に関する南欧の首脳らとの会談に出席するためイタリアを訪問中のラホイ氏は、2017年にスペインを訪れた観光客の数が約8200万人だったと明かした。

襲撃事件の発生や人気観光地である北東部カタルーニャ自治州の政治的混乱にもかかわらず、前年比9.0増となったという。スペインは経済も回復途上にある。

 またラホイ氏によると、観光収入は12.0%増加し、総額870億ユーロ(約11兆6000億円)に達したという。

 国連世界観光機関(UNWTO)によると、2016年にスペインを訪れた外国人訪問客は7530万人と、米国の7560万人をやや下回っていた。
一方で、襲撃事件への懸念をよそに、フランスには8260万人の観光客が訪れ、他を寄せつけず首位の座を守り、最近はさらに増加している。
 
米国際貿易局によると、人種差別主義者のトランプ大統領の就任から5ヶ月間、海外から米国への観光客数が減少したという。
中国の富裕層が大挙してフランスなどへ旅行している。

 

2016年 世界観光客数ランキング
順位
国名
2016
前年比
1
フランス
8,260
-2.2%
2
アメリカ
7,561
-2.4%
3
スペイン
7,556
10.3%
4
中国
5,927
4.2%
5
イタリア
5,237
3.2%
6
イギリス
3,581
4.0%
7
ドイツ
3,558
1.7%
8
メキシコ
3,496
8.9%
9
タイ
3,259
8.9%
10
オーストリア
2,812
5.2%
11
マレーシア
2,676
4.0%
12
香港
2,655
-0.5%
13
ギリシャ
2,480
5.1%
14
ロシア
2,455
-8.6%
15
日本
2,404
21.8%
16
カナダ
1,997
11.1%
17
サウジアラビア
1,805
0.3%
18
ポーランド
1,746
4.4%
19
韓国
1,724
30.3%
20
オランダ
1,583
5.5%

スポンサード リンク
[ 2018年1月12日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ