アイコン 米原油生産11月 日量1000万バレル超える

米エネルギー情報局(EIA)は31日付の月次リポートで、11月の米原油生産量が1970年以降で初めて日量1000万バレルを超え、過去最高記録に接近したと発表した。
EIAによると、11月の原油生産量は前月比38万4000バレル増の日量1003万8000バレル。10月の速報値も1万7000バレル引き上げ、日量965万4000バレルとした。
過去最高は1970年11月の1004万4000バレルで、11月生産量はこれを僅かに下回った。これまでに月次の生産量が1000万バレルを超えたのは同月および1970年10月だけだった。

米原油生産量の増加は3ヶ月連続で、ノースダコタ州やテキサス州、メキシコ湾岸からのシェール生産の増加が寄与した。
メキシコ湾岸からの11月の生産量は14.4%増の日量166万6000バレル。テキサス州は3%増の日量389万1000バレル、ノースダコタ州は1.2%増の日量117万8000バレルだった。

スポンサード リンク

11月の米天然ガス生産量は、日量863億立方フィートと過去最高を更新。10月は日量840億立方フィートだった。

ペンシルベニア州が8%増の日量157億立方フィートと過去最高。ルイジアナ州が5.6%増の日量68億立方フィートと2013年4月以来の高水準だった。
ガス生産で最大のテキサス州は1.3%増の227億立方フィートと2016年4月以来の高水準だった。

EIAが同日発表した別の月次リポートによると、米ガソリン需要は前年比1%(9万2000バレル)減の日量914万1000バレル。10月は2.8%増だった。
ヒーティングオイル(灯油)を含む米留出油需要は前年比5.8%(22万7000バレル)増の日量416万5000バレル。10月は▲0.5%減だった。
総原油需要は前年比3.1%(61万9000バレル)増。10月は0.8%増だった。
以上、

<↓ 米原油掘削稼動リグ数5年間推移(ヒューズ社発表分)>
米国のシェールオイルの生産は、規模の大きく、生産コストの安いリグを中心に稼動させてきたが、この間、原油価格が高騰しているにもかかわらず、原油掘削リグ数は昨年の6月以降ほとんど増加していない。当然、現在の原油価格は生産コストに見合っており、今後増加するものと見られる。
原油価格は、欧州経済の回復下、OPEC+αの減産により価格高騰をもたらしているが、サウジが以前危惧していた米国産オイル軍団に、米国含む世界市場を駆逐されるという懸念も再び浮上し、OPEC+αは減産縮小か、停止に向かうものと見られる。

0202_01.jpg

<原油WTI価格2年間の推移>
0202_02.jpg

 
<原油生産国ランキング>
2016年 原油日量生産量ランキング(万バレル/日量)
順位
国名
生産量
1
アメリカ
1,235.4
2
サウジアラビア
1,234.9
3
ロシア
1,122.7
4
イラン
460.0
5
イラク
446.5
6
カナダ
446.0
7
UAE
407.3
8
中国
399.9
9
クウェート
315.1
10
ブラジル
260.5
 
その他
2,886.7
 
世界総生産量
9,215.0
・BP世界エネルギー統計2017版

スポンサード リンク
[ 2018年2月 2日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ