アイコン ソウル弘益大学前設置予の慰安婦像 大混乱 大学・商店街が反対

 

 

韓国は慰安婦像をそんなに設置したければ、みんな自宅に設置すればよい、少なくとも政権閣僚、幹部宅、「ともに民主党」の国・地方議員の自宅、ロウソク民心教の信者たちの自宅には必ず設置すべきだろう。

28日午後7時、ソウル市麻浦区内の弘益大学正門前。
慰安婦像を載せた小型トラックが正門前に近付くと、大学関係者が前を遮った。双方は夜遅くまで正門前で対峙した。
弘益大学は26日に麻浦区庁に公文書を送って慰安婦像設置反対の意思を表明、「大学の正門に特定国の国民が拒否感を抱いている造形物を設置するのは大学の国際化努力に反する」と説明した。
事前の話し合いがなく、場所が狭いことも反対の理由に挙げた。

今回の慰安婦像設置は、麻浦区議会の共に民主党所属議員が、昨年から勧めてきたもの。同地域で「麻浦平和の慰安婦像設置推進委員会」を作り、3000万ウォン(約300万円)を集めた。除幕式は三一節(独立運動記念日、3月1日)に行われる予定。

スポンサード リンク

当初の設置場所はソウル市麻浦区上岩洞の旧日本軍駐屯地だったが、交通の便が良くなく、人通りも少ないという理由で取り消された。

そうした時、募金に賛同した学生たちが、「弘益大学 歩きたい街」広場への設置を提案した。設置を主導したイ・ボンス区議会議員は「若者層や外国人が多く訪れ、歴史意識を高める効果がある。『歴史観光』スポットとしても活用できる」と話す。

ところが、弘益大学商工会が反発した。
ある商店主(23)は「私自身も慰安婦問題の解決に関心があるし、(ソウルにある日本大使館前の)水曜集会に参加したこともある。しかし、慰安婦と何の関係もない弘益大学前の繁華街に慰安婦像を立てることに何の意味があるのか分からない」と言った。

別の商店主(37)は「弘益大学前の通りは夜になると酔っぱらいでいっぱいになる。汚物の投げ込みなどのトラブルが起きたら、混乱がさらに大きくなるばかりだ」と語った。

推進委員会は、弘益大学正門前を最終設置場所に決めた。
すると、今度は弘益大学側が反対した。

商工会も「場所を移しても弘益大学前の繁華街の中であることは変わりない」という考え。
また、「この慰安婦像が、近隣住民の意見聴取後に開かれる公共造形物審議委員会からの許可申請が出ていない点も問題だ」と指摘している。
以上、韓国紙参照

28日の記事であるが、現状不明。
3月2日07時になっても「ともに民主党」の機関紙のようなハンギョレが何も書いていないことから、設置が当面見送られた可能性もある。

余談1
韓国が議題になった国連女性差別撤廃委員会で、被害女性が必死になって告発した2109件のセクハラ事件で、立件されたのはたったの9件、立件率はなんと0.4%だと副会長がまず発言。
会議に出席した韓国の鄭鉉栢女性家族部長官に対して、現状改善されているのかと詰問、長官は何も答えることができなかったという。

また、副会長は質問し、韓国では告発した被害女性に対して、男性が誣告罪や名誉毀損の罪で告訴するケースが多発しているというが・・・。これについても鄭長官は、そのようですねぇと答え、完全にヒトゴト、長官としての回答すらできなかったという。

国連女性差別撤廃委員会に鄭鉉栢女性家族部長官が出席した目的は、会議の内容ではなく、日本の慰安婦問題の女性たちは「性奴隷」だったと述べることだけが目的だった。

韓国を議題として会議の内容にもかかわらず、何も調べず参加、たまに回答しても書類の棒読み、切れた会議メンバーが、読まなくていい、資料を配布するように要請したという。

余談2
韓国の若い女性たちが海外に売春婦として送り出されている。海外の現地では監視され売春生活している。米国でも監禁容疑で韓国マフィアが摘発されたが、女性たちは無罪放免となっていた。
こうした若い女性たちのほとんどが生活苦から高利貸しから借金して返せなくなり、売春して返せと海外へ連れて行かれるそうだ。渡航費用の飛行機代や宿舎代を高利でさらに貸付けられ、実態は売春小屋から抜け出せないそうだ。これを現代版奴隷といわずしてなんといおう。

それも十数万人の女性が海外へ送り出され、日本や中国・アメリカ・モンゴル・ジョージアなど世界各地の大小のコリアタウンの売春小屋で働いているという。
同胞の多い日本は別にして、韓国企業が海外へ進出した工業団地の周辺や、海外で大型工事を受注した地には必ず韓国の売春小屋が必ず開設されるそうだ。
韓国経済は浮チン、地下経済は世界№1かも知れない。

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ