アイコン 貿易戦争 米トランプ 中国制裁1千億ドルに増額指示 中国も対抗へ

 

 

もう米中の貿易戦争は軍鶏の喧嘩状態。
問題点を提起し、話し合いにより時間をかけ解決すべき案件を、内政に最大限利用している米トランプ。

米トランプは5日、知的財産の侵害をめぐる500億ドル相当の中国輸入製品に対する25%の関税賦課制裁措置に対する中国側の報復措置の発表を受け、関税を課す対象となる輸入品の額を原案で示した500億ドルからさらに1000億ドル増やすかどうか検討するよう指示した。

スポンサード リンク

これについて中国商務省の高峰報道官は、新たな対抗措置をとる考えを示し、「われわれは貿易戦争を望まないが、恐れもしない」として従来の立場を強調したうえで、「もし、アメリカが中国と国際社会の反対を無視し、一国主義と保護貿易主義を堅持するならば、中国は最後までつきあい、いかなる代償も惜しまず、断固として反撃する。また、新たな総合的対抗措置をとり、国家と人民の利益を断固として守る」と述べて、中国側も新たな対抗措置をとる考えを示した。
そのうえで、「今回の経済と貿易の衝突は、アメリカ側が仕掛けたものだ。本質はグローバルな多国間主義と自由貿易に対するアメリカの一国主義と保護主義による挑発だ。中国は、改革開放の拡大を続け、多国間の貿易体制を守り、グローバルな貿易と投資の自由化を推し進める」と主張し、アメリカの一連の対応を厳しく批判した。
また、中国外務省の陸慷報道官も、アメリカに対して激しく反発したコメントを発表した。
以上、

米トランプは中国を北朝鮮同様、締め上げれば、屈服すると思っているのだろう。
中国は選挙権もなく政治的自由もない一党独裁国、そうした国と米国がソフトで勝つと思っているのだろうか。
中国は経済が行き詰まり負けるとの見解のジャーナリストばかりであるが、自由主義国のように経済問題だけで捉えており大きな欠陥がある。

プーチンのロシアがウクライナ問題でオバマから強烈な貿易制裁を受け、破綻状態に至る中、中国と関係を深め、屈服しなかったように、独裁者・独裁国・軍事政権に対しては、軍事力を行使しない限り、自由主義国は選挙権が国民にあるだけに、貿易戦争の煽りを大きく受ける国民の審判を受け負ける。

アメリカは、本選挙・中間選挙が独裁を許さないように設定されており、せいぜい最大2年間しか持たない。

スポンサード リンク
[ 2018年4月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ