アイコン 北朝鮮 米にIAEAの査察受け入れ意向も表明していた

 

 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れを含め強化した非核化検証を受け入れる意向をトランプ米政権に伝えたことが分かったと東亜日報が報じている。
豊渓里核実験場の廃棄を宣言した金正恩氏が、さらに一歩踏み出して非核化に向けた寧辺の核開発研究所の核査察・検証の可能性まで具体的に言及したことが伝えられ、米朝首脳会談を控え、両国間の水面下の非核化交渉が急展開している。

23日、韓国情報当局によると、今月初めにトランプ大統領の特使資格で極秘に訪朝したポンペオ米国務長官候補(現、米CIA長官)は、金正恩氏と会って、「完全かつ検証可能な」非核化が前提になってこそ米朝首脳会談に向けた本格的な実務接触に臨めると明らかにした。さらに、核廃棄の検証手続きを北朝鮮が受け入れるよう強く求めた。

これに対して金正恩氏は、トランプ政権が「誠意ある交渉」に出ることを前提に核凍結に続く申告、査察などの義務を受け入れることができると応じたと、韓国情報当局は見ている。
特に、ポンペオ氏は、過去に北朝鮮が、IAEAの視察団を追放したことを取り上げ、短期間に集中的な核検証手続きが避けられないという考えを表明したという。

スポンサード リンク

また、必要なら視察団が追加で核施設を視察する「特別査察」の必要性も言及したという。金正恩氏は、このような要請に特に反対しなかったという。
ただ、金正恩氏は、核査察の受け入れ時期や範囲などと関連して、ひとまず水面下で提案する核廃棄の条件を米国が十分に聞いた後、その結果により水準を調整する立場だという。

トランプ氏は22日(現地時間)、ツイッターにNBC放送司会者のチャック・トッドが、米朝交渉で「北朝鮮が多くを得ている」と指摘したことに対して、私たちは何も譲歩していない。彼らが非核化と実験場の廃棄、実験中止に合意した」とつぶやいている。

文在寅大統領は23日、大統領府で開かれた首席・補佐官会議で、北朝鮮の今回の措置に対して「韓半島の完全な非核化に向けた重大な決定」とし、「南北首脳会談と米朝首脳会談を控え、北朝鮮の誠意ある措置を高く評価する」と述べている。
以上、東亜日報参考

これまでの金正日との非核化交渉の経緯とまったく同じであるが、豊渓里核実験場の廃棄は、これ以上実験した場合、山塊崩壊による放射能漏れが大々的に生じる可能性が指摘されており、廃棄せざるを得ない施設となっている点も考慮して対応する必要がある。
現在のところ、北の核廃絶については、世界のなん人であれ、南北会談・米朝会談に期待する以外、何の手立てもなく、相手にお願いしつつ静観するしかない。
雑魚が息巻いても犬の遠吠えにしか聞こえない。ただ、米朝会談の行方次第では吼える必要が生じてくる可能性もあるが、それもただ吼えるだけの立場であり、どうのこうのではない。

スポンサード リンク
[ 2018年4月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ