アイコン 金正恩の訪中「厳粛な義務」だったと

 

 

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は中国の習近平国家主席に対し、初の外遊先を北京にするのは自身の「厳粛な義務」だったと伝えた。
北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が28日、金委員長の訪中を報じた記事の中で明らかにした。

KCNAの記事 朝鮮語
http://www.kcna.co.jp/index-k.htm

スポンサード リンク

北朝鮮と、同盟国であり後ろ盾とされる中国との関係は、習国家主席が北朝鮮より韓国を先に訪問するなどして、ここ数年悪化していた。しかし、金委員長は北京で催された夕食会の席で、

「初の外遊先を中国の首都にするのは当然のことだ。朝中関係を何世代にもわたって重視し、継続していこうとする者として、これは私にとって厳粛な義務だ」と述べた。

KCNAによれば、金委員長は25~28日に中国を非公式訪問。週末に特別装甲列車で中国入りした後、27日午後に北京をたち、28日午前に北朝鮮に帰国した。
 以上、報道参照

北朝鮮は日本の拉致被害者を即日本へ送還せよ。韓国は日本の仏像を拉致したまま、即送還せよ。
朝鮮半島が拉致した人や仏さんなどを送還させることは当然であるが、ことあるごとに日本は北朝鮮に、世界に、訴えかけているのだろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2018年3月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ