アイコン 経営破たんのトイザラス アジア事業売却へ 10億ドル 複数応札

 

 

昨年9月に経営破綻した米玩具販売大手トイザラスが、日本を含むアジア事業の株式を10億ドル(約1千億円)超で売却する見通しになったことが11日分かったとロイターが報じた。

 売却するのは、アジア地域を管轄する会社の株式85%。入札に対して複数の応札があった。日本では日本トイザらスが約160店を展開している。

 米トイザラスは1948年に前身の家具店が創業。玩具販売に特化して規模を拡大したが、ネット通販アマゾンなどとの競争激化で経営が悪化した。

スポンサード リンク

昨年9月、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。経営再建を目指して店舗運営を続けたが販売を盛り返せず、今年3月に米国事業の清算・整理に向けて破産裁判所に承認を申請したと発表した。

以上、ロイター参照

米トイザラスの破綻時の債務額は約49億ドル、破綻時の米国内の店舗数は753店舗。

日本トイザラスの売上高は約1400億円。日本国内の店舗数は160店舗。

少子化が進む日本国内では出店し過ぎの様相、不採算店も多いはず。

 

トイザラス

スポンサード リンク
[ 2018年4月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ