アイコン ゴールデンウィーク中日の天気、3日にかけ激しい雨に注意 2日・西日本/3日・東日本

 

 

気象庁によると、西日本に延びる前線の影響で九州を中心に大気の状態が不安定になっている。
西日本と東日本の太平洋側を中心に、3日にかけて激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水などに警戒するよう呼びかけている。

西日本では2日夜にかけて、東日本では2日夜から3日昼前にかけて、雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。

3日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、東海で170ミリ、四国と関東甲信で150ミリ、九州北部と九州南部で120ミリ、近畿で100ミリと予想されている。

スポンサード リンク

週間天気予報では、
北日本は、低気圧や寒気の影響で曇りや雨または雪の日が多い。
期間の後半は高気圧に覆われて晴れる日がある見込み。

東日本と西日本は、期間のはじめと終わりは、低気圧や前線の影響で曇りや雨となる。
期間の中頃は高気圧に覆われて晴れる日がある見込み。

沖縄・奄美は、期間のはじめと終わりは湿った空気や前線の影響で曇りや雨となる。
期間の中頃は高気圧に覆われて晴れる日がある。

なお、2日から4日にかけて、低気圧や前線の影響で全国的に荒れた天気となり、西日本で2日から3日にかけて、東日本の太平洋側で3日に、大雨となるおそれがある。
最高気温・最低気温ともに、2日と期間の終わりは概ね平年より高く、平年よりかなり高くなる所もある。期間の前半には、平年より低くなくなる日もある。
以上、

5月2日午前6時現在の天気図
0502_04.jpg


↓ 5月2日午後9時現在の天気予想図
0502_03.jpg

 

↓ 5月3日午後9時の天気予想図
0502_04.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年5月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ