アイコン 豪Titomic 長さ9メートル・世界最速メタル3Dプリンター新開発

 

 

豪Titomicは16日、金属材料を造形できる3Dプリンター(メタル3Dプリンター)において、世界最大最速と自負するメタル3Dプリンターを披露した。この進歩が高度製造分野に革命を起こす可能性があるという。

 バスに匹敵する大きさのプリンターは、長さ最大9メートル近くの複雑な航空機の翼の部品を作れるほか、約25分で自転車のメタルフレームを作ることもできるという。

以上、報道参照

 

スポンサード リンク

日本政府主導による官民3D研究開発はどうなったのだろうか。補助金だけ頂きだーい。

インバウンドで茶を濁している場合じゃありませんぞ。

同社のHP

http://www.titomic.com/

0517_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年5月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ