アイコン 韓国の外貨準備高過去最高 日韓スワップ必要なし

 

 

韓国銀行(中央銀行)が5日に発表した「2018年5月末の外貨準備高」で、韓国の外貨準備高は先月末基準で3989億8000万ドルと、1ヶ月前に比べて5億6000万ドル増え、3月の3967億5000万ドル、4月の3984億2000万ドルに続いて3ヶ月連続で過去最高となった。

韓銀は「外貨資産運用収益の増加が主な原因」と説明した。

外貨準備高を具体的にみると、

有価証券(国債、政府機関債、社債、資産流動化証券など)は38億ドル減少した3663億5000万ドルだった。

一方、据置金は229億2000万ドルと、44億5000万ドル増えた。

韓銀の関係者は「満期償還された有価証券資金のうち一部が別の投資先を探すために待機資金となり、据置金が増えた」と説明している。

スポンサード リンク

国際通貨基金(IMF)の特別引出権のSDRは33億4000万ドルと、6000万ドル減少した。

IMFに対する交換性通貨引き出し権利のIMFポジションは3000万ドル減の15億8000万ドルで、金は47億9000万ドルと変動なかった。

韓国の外貨準備高(以下は4月末基準)は世界9位。中国が3兆1249億ドルで1位だった。

以上、韓国・中央日報紙

 

外貨準備高も中身が重要、国債の購入相手国の信用度、有価証券も短期・長期などの内容によりその信用度は大きく異なってくる。そうした疑念に韓国が基軸通貨国の米国債を増加させている根拠であろうか、最近はその増加も鈍っている。

韓国の米国債残高は4月1,004億ドル/日本の米国債残高10,435億ドル。

日本は米国など主要国と無制限のスワップ協定を締結しており、韓国は日本のそうした信用を直接的にも間接的に取得するため日本に対してスワップ協定の締結を狙っている。

外貨準備高は中国が圧倒して№1であり、韓国は3不表明した相手国の中国と無制限のスワップ協定を締結することが先決ではないのだろうか。中国が無制限のスワップ協定を締結してくれるかどうかは別問題だが・・・。

米トランプと大の仲良しにもなっており、米国とスワップ協定を結ぶ絶好の機会でもあろうが。

韓国は各国とスワップ協定を締結しており、先般もカナダと締結して感激していた。その反面、日本との協定は必要ない論調を繰り返してきた。しかし、なぜか今、急に、日本との締結を焦り始めている。

米トランプや中国を見ればよくよく理解できるように、外交と経済はまったく別ものではなく密接に関係している。ウクライナ問題により米国がロシアに対し講じた経済制裁で、ロシアルーブルが大暴落、ロシア経済が大打撃を被ったように、いまや戦争の代理として経済制裁は機能している。

2枚舌・3枚舌で、喉元過ぎれば手のひらを返し、世界に向け告口外交を含め反日批判を繰り返す国と政治的にはまったく関係したくないのが日本国の本音。

その反日の象徴が、いきなり言い出した日本に古来からある旭日旗に対する世界各国における度を越す戦犯旗攻撃(芸術作品やDVDジャケット、マケドニア国旗さえ攻撃)、また、世界各国に今も設置し続ける反日慰安婦像であろう。

ウィーン条約やユネスコ条約という国内法に優先する条約を批准しながら、その履行さえせず、

目的を達成するためだけに友好国面するような国とは疎遠でありたいのが日本国民の意思でもある。

 

現代韓国人の20の国民性格
国会・地方議員にも経済界にも共通している国民性
(著者:李符永・ソウル大学教授)2015年発刊
(01)依頼心が強い
(02)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(03)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(04)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(05)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやる
(06)計画性がない
(07)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(08)見栄っ張りで虚栄心が強い
(09)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)「見てくれ」に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする
追、朝鮮日報:怒りを抑えられない間欠性爆発性障害=憤怒調節障害者急増している。2013年の焦りや逆上などが関係する不安障害者患者数は49万人とされている(2010年41万人)。

 

スポンサード リンク
[ 2018年6月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ