アイコン 米ファッションデザイナー ケイト・スペード女史自殺

 

 

米国を代表するファッションデザイナーの一人、ケイト・スペード(Kate Spade)さん(55)が6月5日、ニューヨークで自殺した状態で見つかったと警察が明らかにした。

 米芸能情報サイト「TMZ」は、スペードさんがパークアベニューの自宅アパートで首をつったと報道。警察関係者はスペードさんが自殺したことを認めたが、死亡時の詳しい状況はまだ不明だとしている。

 スペードさんは、女性誌マドモアゼルなどでジャーナリストとして働いた後、1993年に夫のアンディ氏と共に自身の名を冠したファッションブランドを設立。明るい色使いや模様をあしらったハンドバッグなどがキャリアウーマンの間で人気を博した。

スポンサード リンク

10年以上前、自身の名を冠した企業「ケイト・スペード・ニューヨーク」の株式をすべて売却しており、以後は同社の経営には直接関わっていなかった。

以上、AFP参照

0606_02.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ