アイコン 韓国では国内でも頻繁に模造品争い

 

 

韓国では日本の菓子メーカーの売れ筋商品を真似て販売し、空前の訪日ブームに沸く韓国のネット民から問題提起される事件が相次いでいる。しかも韓国内でも、同業者が模造品争いを頻繁に生じさせている。

LG生活健康:「当社が先に発売した。類似商品が後から登場した」
愛敬産業:「当社の発売時期は後だが、真似はしていない。独自開発した商品だ」

練り歯磨き業界1・2位のLG生活健康(シェア40%)と愛敬産業(同20%)が最近、4週間の差で発売したヒマラヤ岩塩入り練り歯磨き商品をめぐり、神経戦を展開していると朝鮮日報が報じている。
口腔内の健康に良いとされるヒマラヤ岩塩を配合した商品コンセプトだけでなく、パッケージデザインも酷似している。
両社はどちらがどちらのコンセプトを真似たのかを社内・社外的に追跡する一方、法的紛争に備え、大手法律事務所の助言も受けている。

スポンサード リンク

<練り歯磨き業界両雄に戦雲>
LG生活健康は3月7日、「ヒマラヤピンクソルト入り練り歯磨き」を発売した。それに先立ち、1月23日には食品医薬品安全処(食薬処)から許可を取得した。4週間後の4月2日、愛敬産業が「2080ピュアマウンテンソルト」を発売したことで、対立が生じた。
愛敬産業は2月8日に食薬処の許可を取得した。
両製品はパッケージも似ている。
ヒマラヤの山並みが描かれているだけでなく、機能によって水色とピンク色の2種類があるのも同じだ。

これについてLG生活健康は「あまりに似た商品が発売され、コンセプト企画案やパッケージデザインが流出した経緯はないか社内で調べている」と説明した。
愛敬産業は「食薬処に許可申請書を提出する以前から商品コンセプトとパッケージを開発していた」と主張した。

ただ、価格だけは異なる。練り歯磨き100グラム当たりの価格はLG生活健康が54.55ウォン(約5円60銭)、愛敬産業は21.9ウォン。
業界関係者は「類似製品が発売された直後に攻撃合戦に陥るのは珍しい。ヒマラヤソルト入りの練り歯磨きは既にブルガリア、米国などで市販されている」と話した。

<消費財市場でコピー横行>
韓国では、商品のコピーは食品、生活用品業界では長年の慣行と化している。
業界関係者は「ある商品が人気を集めると、すぐに我も我もとコピーし、『♯MeToo』商品を発売することに特に罪の意識がない。素早くコピーし、ワンシーズン商売できればよいと考える」と話した。
ヘテ製菓のハニーバターチップが人気になると、類似商品が40種類以上登場したのが代表例。
最近はヘテ製菓のスイカアイス新製品「オーイエススバク」がコピー論争の渦中にある。

5月23日にヘテ製菓が主力商品「オーイエス」のスイカ味となる「オーイエススバク」を発売すると、既にスイカ味のチョコパイ商品「スバクトントン」を販売していたSFCバイオがかみ付いた。

昨年3月にはオリオンが発売した菓子「コブクチップ」と日本のセブンイレブンのプライベートブランド(PB)商品である「サクサクコーン」の間で四重構造の製法が似ているとしてコピー論争が起きた。
商品デザインのコピーは「不当競争行為」として処罰対象になり得る。
2015年には日本の江崎グリコが、韓国ロッテ製菓の「ペペロプレミアム」の商品デザインが酷似しているとして、ソウル中央地裁に提訴した。裁判所はロッテ製菓の模倣行為を不当競争行為と見なし、ペペロ該当製品の製造中止と全量廃棄を命じた。グリコはこうした事態を想定して韓国でもパテントを取っていたことから勝利を得られた。

しかし、単純に味などの概念だけが似た商品を発売することに関しては法的に論議がある。味をつくり出す技術ではなく、特定の味覚を特許として独占することはできないからだ。
韓国公正取引委員会は「特許や知的財産権など専属的な保護が必要な要素や営業機密でなければ、類似商品の発売は法的に問題にはならない」と説明している。
特許を取得し、模倣商品に訴訟を仕掛けたとしても、既に商品の流行は過ぎてしまい、手遅れの争いとなるケースが実情。

韓国デザイン振興院関係者は、「特許、知的財産権で商標やデザインを登録し、保護を受けることはできるが、最低6ヶ月を要するため、その間にコンセプトやデザインのトレンドが変わってしまう」と指摘した。

淑明女子大経営学科の徐鏞求教授は、「業者がそうした盲点を悪用し、類似商品を一斉に発売することは、長期的に新製品の研究開発意欲をそぎかねない。結局は産業全体に被害を与えかねない行為だ」と警鐘を鳴らした。
以上、朝鮮日報参照

考え方は2通り、模倣されて市場が拡大することを望むか独占するかである。
日本では、歯磨き粉にマイクロプラスチックが大量に含有しているとし、当局より是正指導が行われている。韓国でもいずれ問題になるだろう。

韓国は模造することが慣行となっているだけではなく産業基盤となっている。日本の産業や技術・商品を真似、コストパフォーマンスでかつて日本勢が支配していた世界市場を支配し、ここまで成長してきた(スマホだけは米国からのようだが・・・)。

しかし、日本からもう真似るものもなくなり、独自製品を作る基礎技術もなく、そうした開発する民族的な性格でもなく、今では中国勢が韓国勢を真似、韓国勢をすでにほとんどの領域で追い越してしまった。さらに文政権の政策である最低賃金急上昇や労働時間短縮により、労働コストが今後とも上昇し続けることから、世界での需給バランスが崩れ、需要が逼迫状態の半導体や有機ELは別にしても、韓国の輸出にとって最大の武器となっていたコスパさえ剥落してくる。どうすんだろ。

スポンサード リンク
[ 2018年6月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ