アイコン マクドナルド 英国でプラスチック製ストロー中止 紙製ストローに

 

 

MACは日本でも導入すれば好感度が上昇しようが、裏メニューで茶に濁すのだろうか。

マクドナルドは16日までに、英国とアイルランドの店舗で使用するストローをプラスチック製から紙製に切り替える方針を発表した。
英国では既に、一部のレストランチェーンがプラスチック製ストローの使用を中止しており、マクドナルドもプラスチック汚染との戦いに加わった。

紙ストローへの切り替えは一部店舗などでの試験運用を経て、9月から実施される。マクドナルドは、顧客の大半がプラスチックの不使用を支持していると説明している。

スポンサード リンク

英国・アイルランド法人のポール・ポムロイ最高経営責任者(CEO)は「幅広い公の議論を反映する形で、顧客からストローに関する取り組みを求める声が寄せられた。ただ、来店時の全般的な顧客体験を損なわない形での実施を求められている」と述べている。
以上、

太平洋・大西洋など大洋でのマイクロプラスチック問題が急浮上している。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ