アイコン LCCエアアジア インドで贈収賄容疑 捜索 オーナーも容疑対象

 

 

インドの中央捜査局(CBI)は31日までに、アジア最大手の格安航空「エアアジア」(本拠・マレーシア)の現地法人が違法手段を通じてインドの関連当局に賄賂を渡した疑いがあるとして捜査を開始したことを明らかにした。

ニューデリー、ムンバイやバンガロールなどの各都市で事務所や従業員の自宅を捜索した。
同航空の創業者でもあるトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)も容疑者の1人とした。

これに対し同航空の現地法人の責任者は声明で違反行為を否定した。地元警察によると、現地法人の幹部陣は第3者を通じ政府当局者に贈賄した疑いがある。
国際線就航の認可獲得を狙ったとみられる。エアアジアのインド進出は2014年で運航機材は18機。インド内の航空会社が国際線運航に必要な機材数や事業年月で条件を満たしていなかったとされる。

スポンサード リンク

今回の捜査着手の報を受け、同社の株価はマレーシアの首都クアラルンプールで▲約7%下落した。
CBIの捜査は、エアアジアの現地法人の外国投資法違反容疑も対象にしている。
インドでは、外国航空会社が地元の航空会社の支配権を握る株式取得は禁じられている。
合弁企業というより事実上の子会社として現地法人を運営していた同航空の手法が違法との見方が出ている。
以上、CNN参照

銭がモノを言う中国やインド・東南アジア、アフリカ、タタケば埃はいくらでも出てくるだろう。その時の権力者がタタクかどうかだけの問題。
アメリカは、公的巨額賄賂のロビー費により議員活動のすべてが左右されているだけの違い。日本にもソンタクや官製談合・紐付き補助金行政が用意されている。

<エアアジアの保有機数>2017年現在
エアバスA320-216:72機(180席)
エアバスA320-251neo:8機(186席)
<エアアジア・グループ全体>
エアバスA320シリーズ総発注機数592機、
エアバス社の提供する単一通路航空機の最大顧客

スポンサード リンク
[ 2018年6月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ