アイコン 発売前の新モデル「リーフ」ツイッター投稿で書類送検へ 元日産取引先社員

 

 

神奈川県警は、昨年、日産がフルモデルチェンジしたEV「リーフ」を発表する前に、取引先の自動車部品メーカー(横浜市)の元社員(30代)が、日産の工場で撮影した車の写真をツイッターに投稿したとして、不正競争防止法違反などの疑いで、近く書類送検する方針を固めたと報道されている。

元社員は、日産がフルモデルチェンジしたEV「リーフ」の発表を1ヶ月後に控えた昨年8月、仕事で通っていた横須賀市内の日産工場で新型車を写真に収め、ツイッターに投稿したという。

その際、元社員は「検査ラインで新型リーフを発見しました」などと書き込み、ネットで拡散したという。

スポンサード リンク

神奈川県警は、発表前の車の画像は企業秘密にあたり、投稿したことで業務を妨害したとして、この元社員を近く不正競争防止法違反と偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針を固めた。

以上、報道参照

安易な行動が、元社員になってしまったのだろうか。

 

スポンサード リンク
[ 2018年6月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ