アイコン 米トランプ政権 日本にイラン産原油輸入停止要請 日本政府了承か

 

 

米トランプ政権が、日本に対して、イラン産の原油の輸入を停止するよう求めている。

国務省の高官は26日、トランプ政権が日本に対し、イランからの原油の輸入を11月4日までに停止するよう求めたことを明らかにし、「日本側が理解を示した」としている。

トランプ大統領は5月、イラン核合意からの離脱を発表し、イランへの制裁を復活させることにしていて、日本にも準ずるよう求めたもの。
日本が原油の輸入の約9割を中東に依存する中、イランからの輸入は5%程度にとどまるが、歴史的に友好関係を築いてきた背景があり、今後、日本企業への影響も懸念される。
以上、

スポンサード リンク

1953年、海賊とよばれた男の原油輸入先が独立直後のイラン。

娘婿がユダヤ人で敬虔なユダヤ教徒、娘もユダヤ教に改宗しており、ユダヤ=イスラエルの意向を汲み、イスラエルの敵国は米トランプの敵としてイラン核合意から離脱。

石油精製会社がイラン産原油を輸入した場合、その石油精製会社がどこの国であろうと、11月4日以降、米国資産凍結、米国企業との取引禁止など強力な経済制裁を課すと脅迫している独裁者トランプ。

232条でトランプから制裁を受けながらも100%アメリカとともにある日本、
世界中で争いの種を撒き続ける独裁者トランプ。

スポンサード リンク
[ 2018年6月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ