アイコン 米検察 中国・西北工業大学を起訴 水中聴音機密輸で

 

 

米検察当局は26日、対潜水艦戦闘に使用可能なハイドロフォン(水中聴音機)を米国から中国へ違法に輸出したとして、中国人民解放軍との密接なつながりが指摘される西北工業大学(陝西省西安市)を東部マサチューセッツ州ボストンの連邦地裁に起訴した。

起訴状などによると、西北工業大は同州在住の中国人男性(41/今月下旬に逮捕・起訴済み)と共謀し、2015年7月から16年12月にかけてハイドロフォン78基を米商務省からの輸出許可を得ずに米国から同大に密輸した。

検察当局は、男性が所有する海洋関連機器の輸入会社(中国・青島市)も起訴。この会社は顧客に人民解放軍の海軍作戦部門などが含まれているという。

男性は、ハイドロフォンに加え無人の潜水艇や水上艇、遠隔操作式のサイドスキャンソナー(海底面状況探査装置)を違法に中国に輸出した疑いも持たれている。

スポンサード リンク

米検察当局は、密輸された品目は対潜水艦戦闘や機雷への対処、情報収集や監視、偵察活動など、いずれも軍事目的への転用が可能としている。
以上、

ガードが甘い、北朝鮮しか目がない日本からも、大量に中国へ軍事目的できる製品が密輸されているものと見られる。

いつかは、四国の県が、軍事用に転用できる米製防災ヘリのレーダーを、ヘリ老朽化により解体処理するため廃品業者に売却、廃品業者が、かつてに当該品を取り外し、ネット販売、国内の中国人が購入し、中国の会社へ10倍近い高値で売却していたことが発覚し逮捕された事件があった。モノは中国にわたってしまっていた。

スポンサード リンク
[ 2018年6月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ