アイコン 世界から絶賛されたサムライブルー/一夜開けて非難轟々

 

 

安倍首相も愚痴をこぼしたという28日に行われた、サッカーのワールドカップでの日本・ポーランド戦。

日本は先取点を取られていたが、同時刻の試合でコロンビアがセネガルから一点取った。 そこで、西野監督がフェアプレーポイントの差での決勝進出に切り替え、非難されている約10分の“時間稼ぎ”の戦術をとったのである。

ポーランドも全敗よりもそのまま一勝を守った方が得とみたのか、お互い談合試合のような形になってしまった。

スポンサード リンク

たしかに、攻めて2点目とられる可能性もあったが、逆にまだ点数を取りにいける可能性もあった。

そんな今回の消極的な酷い試合内容に、国民や著名人、さらに海外からも多くの賛否の声があがっており、韓国メディアなどはそれまでの日本の素晴らしい試合とのギャップに落胆したと批判した。

ポーランドの戦力を見誤り、先発メンバーを変えたは失策であったことも間違いない。
ただ、他力本願とはいえ、はかりしれないプレッシャーがあったと思われ、その決断力も称賛する見方もあった。

 

どうせ負けるだろうと思われていた今回のW杯。

コロンビアでの奇跡的な勝利が称賛されたばかりに注目されたが、もともとは日本はそこまで強くないのが現実。

そこを冷静にみることができた西野監督が、チームの等身大の実力を推し量ったゆえにとった戦略だったのかもしれない。

その心中を推し量ることは誰にもできまい。

 

ポーランド戦

スポンサード リンク
[ 2018年6月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ