アイコン 18歳の芝野虎丸七段 中国世界チャンピオン3人撃破

 

 

中国の新浪体育は7月25日、18歳の日本囲碁界の新鋭・芝野虎丸七段が、半年のうちに中国の世界チャンピオン3人を撃破したと報じた。

記事は「『小さい頃は幼稚園の先生になりたかった、それから世界最長寿記録を破りたいと思うようになった』と語る1999年生まれの芝野七段はこの半年、
日中龍星対抗戦で柯潔九段を、
LG杯で唐韋星九段をそれぞれ撃破。
そして、7月24日の百霊杯世界囲碁選手権1回戦では檀嘯九段を破った。
この快進撃で、中国の囲碁ファンによる注目度が一気に高まった」と紹介。

スポンサード リンク

そして、「かつて世界囲碁界の盟主だった日本は、今や斜陽の時期を迎えている。その復興という重責を担っているのが井山裕太九段だ。井山九段は昨年のLG杯準決勝で柯九段を破り、日本勢として11年ぶりの国際大会決勝進出を果たした。しかし、先輩たちのあまりに輝かしい栄光の前に、孤独の王者である井山九段1人に復興を託すというのはさすがに荷が重すぎる。そうした中で、芝野七段という新しい芽が顔を出しつつあるのだ」と伝えている。

さらに、芝野七段が昨年7月に日本人最年少の龍星戦王者となり、10月には新人王を獲得したことを紹介。
「この若者が井山九段の継承者となり、さらには日本囲碁界の復興という大きな任務を成し遂げられるだろうか。そのプレッシャーが彼を潰さないことを願う一方で、中国囲碁界の古き友人、ライバルとして、日本の囲碁界が早く世界の大舞台に戻ってくることも望む」と伝えている。
以上、報道参照

残るはGoogle DeepMindが開発した囲碁AI「Alpha Go」に勝利すれば、中韓の棋士たちからも文句なく、世界の第一人者と認められることだろう。
キラキラネームの世、それにしてもどこから虎丸の名が出てきたのだろうか。大河ドラマ?

囲碁

スポンサード リンク
[ 2018年7月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ