アイコン ホンダ軽N-BAN受注絶好調 1.4万台超受注

 

 

7月13日に発売した新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の累計受注台数は、8月20日現在、14,000台を超える好調な立ち上がりとなっている(販売計画3,000台/月)。

<新型N-VAN受注状況>
購入ポイント
・助手席側センターピラーレスとテールゲートのダブルビッグ大開口による、積み降ろし作業時の使い勝手の良さ
・低床フロアと助手席ダイブダウンによる大空間の荷室
・先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」標準装備
・クラストップレベルの燃費性能

■グレード別構成比
 G/L:41%
 +STYLE FUN:44%
 +STYLE COOL:15%

スポンサード リンク

■タイプ別
0822_04.jpg

■人気カラー(トップ 3)
<「G/L」G/Lは全2色>
 ・タフタホワイトII 50%
 ・ルナシルバー・メタリック 50%

<「+STYLE」>
 ・プレミアムホワイト・パールII 22%
 ・ガーデングリーン・メタリック 20%
 ・シャイニンググレー・メタリック 20%

「Honda SENSING」を装備しない仕様あり。「誤発進抑制機能」「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」「LKAS<車線維持支援システム>」「後方誤発進抑制機能」は6MT車には装備されない。
「オートハイビーム」はG・Honda SENSINGおよびL・Honda SENSINGには装備されない。
以上、リリース参照

同社は、中国でエンジンリコール問題により2月から前年比でマイナスを続け、明るいニュースが限られるが、国内のNシリーズの軽に関しては圧倒的な強さを誇り続けている。

↓ 車中泊旅行者からもすでに絶賛されている
0822_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年8月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ