アイコン IHIが100億円申告漏れ タイ子会社へターボチャージャー安価輸出か

 

 

東京国税局が、IHIに対して、2016年3月期までの4年間で約100億円の申告漏れを指摘されたことを同社が明らかにした。
タイ子会社との取引をめぐり、海外への所得移転を防ぐ「移転価格税制」を適用されたという。
過少申告加算税などを含めた追徴課税(更正処分)は約43億円で、同社は処分取り消しを求めて不服申し立てをする方針。
同社によると、国内で生産した「ターボチャージャー」と呼ばれる自動車用部品をタイ子会社に販売した取引について、価格が不当に安いとタイの国税局から指摘されたという。同社は「適切な取引価格に基づき、適正な納税をしてきたと認識している」とコメントしている。
以上、

スポンサード リンク

今回、移転価格が安価と指摘されており、タイ国でも課税されることになる。最終的には訴訟になろうが、結論が出るまで、仮払いし、決算では同額を将来損金として引き当てる必要がある。また、修正決算も必要となるかもしれない。中国へも販売しており、中国でも指摘される可能性がある。日本の国税しだいだが、今回の申告漏れ指摘で訴訟の結果待ち。

 

IHI業績推移
連結/百万円
16/3期
17/3期
18/3期
会計方式
日本方式
売上高
1,539,388
1,486,332
1,590,333
営業利益
22,048
47,389
72,267
経常利益
9,716
22,011
21,425
当期利益
1,529
5,247
8,291
総資産
1,715,056
1,692,831
1,633,662
自己資本
318,310
318,163
324,601
資本金
107,165
107,165
107,165
有利子負債
356,635
351,606
304,048
自己資本率
18.6%
18.8%
19.9%

 

スポンサード リンク
[ 2018年8月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ