アイコン 鉄骨工事の田口鉄工所 1.5億円の所得隠し 高級時計代金を工事費に

 

 

関東信越国税局は、埼玉県の鉄骨工事会社の(有)田口鉄工所(埼玉県熊谷市平塚新田751-3)の田口洋一社長(55)が、私的な数千万円分の高級腕時計の購入代金を工事の経費に見せかけるなどして、会社が一昨年4月期までの3年間に1億5600万円の所得を隠し、約3900万円を脱税したとして法人税法違反などの疑いでさいたま地方検察庁に告発した。

「田口鉄工所」は埼玉県内のホテルや介護施設などの鉄骨組立工事を受注するなどして、この数年売上げを伸ばしている。
同国税局によると、田口社長が個人で購入した高級腕時計の代金を工事の経費にみせかける領収書を取引先に作らせたり、下請業者に経費を水増しした領収書を発行させたりして、所得を少なく見せかけていた疑いがあるという。
なお、同社はすでに修正申告を済ませ、納税したという。
以上、報道参照

スポンサード リンク

財務省は税収を増やしたければ、なけなしの庶民から法律まで制定してカツ上げするより、大公共投資の継続で全国津々浦々潤う建設業者の調査に入れば、膨大な税収が見込まれるものと見られる。

調査員が不足ならば、税務署退職者を期間限定で臨時雇用したら、調査人員不足は解決する。
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ