アイコン 【徴用工裁判】河野外相の発言に韓国外務省が遺憾表明

 

 

韓国の文大統領が大法院(最高裁)に出させた徴用工に対する確定判決、その後、文大統領は一切、当判決に触れず、ゴールポストをまた増やし、腹の中で大笑いしているようだ。
朴政権は、大法院の判決が、高裁の棄却判決を差し戻した段階と高裁の差し戻し審での判決内容がわかっており、日韓間にこれ以上波風を立てまいと、最高裁判決を遅らせていたが、文大統領は積弊清算と称し、遅らせた旧政権の人物たちを特定して処罰する動きに出ると共に、最高裁に判決を出させた張本人である。
韓国の政治は、政権が保守や左派に変われば、前政権の関係者たちを韓流歴史ドラマのように根絶やしにするようだ。

韓国外務省は、
韓国の最高裁判所が徴用をめぐる裁判で、日本企業に賠償を命じた判決をめぐり、河野外務大臣が「暴挙だ」などと批判していることに対し、韓国外務省は6日夜、「甚だ遺憾だ。司法の判断を尊重しなければならないのは日本も例外ではないはずだ」というコメントを発表した。

スポンサード リンク

韓国の最高裁判所が太平洋戦争中の徴用をめぐる裁判で新日鉄住金に損害賠償を命じる判決を言い渡したことについて、河野外務大臣は、今月4日、「国際法に基づいて秩序が成り立つ国際社会への挑戦だ」と厳しく批判し、6日にも、「完全かつ最終的に終わった話であり、判決は暴挙だ」と述べ、国際司法裁判所への提訴も含めて検討する考えを示している。

こうした発言に対し、韓国外務省は、昨夜遅くにコメントを発表し、「日本の責任ある指導者たちが、問題の根源を無視して韓国の国民感情を刺激する発言を継続的に行っていることを非常に憂慮している」とした。
そして、「司法の判断について節度のない言葉で評価を下すなど、甚だ遺憾だと言わざるをえない。司法の判断は、当然、尊重しなければならず、日本も例外ではないはずだ」と主張した。
そのうえで、「今回の事案を過度に政治的に際立たせるのは、日韓関係の未来志向的な発展に全く役立たないことを、日本政府は明確に認識しなければならない」とした。
以上、

文政権は、大法院判決を意図して出させておいて、河野外相を批判するとは本末転倒だろう。

韓国の全マスメディアが、反日一色になり騒ぎ立て、韓国民をそそのかしているともいえる。

保守系紙でも、問題が問題だけに一部、問題がこじれないようにすべきだとしながら、一方で反日批判を繰り返している。

韓国の報道機関は、日本が支払った賠償金にしても、現在の為替レートで記載するなど、新聞紙面を、韓国民を洗脳するための道具に利用している。

 

スポンサード リンク
[ 2018年11月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ