アイコン 東レ 元経団連会長日覚社長 韓国で最高栄誉賞受賞の怪

 

 

韓国ソウルのホテルで5日、「外国企業の日」記念式が、韓国産業通商資源部や韓国外国企業協会などが主催して開催された。

記念式典には、在韓外交官や在韓外国商工会議所の関係者、外国人投資誘致の功労者などが出席。外国人投資誘致に貢献した46人が政府から勲章を授けられた。

このうち最高の栄誉とされる「金塔産業勲章」は、韓国で55年間に計9億6000万ドル(現在のレートで約1090億円)を投資し、3786人の雇用を創出したほか、ソウル市内に研究開発センターの建設を推進している東レの日覚昭広社長に授与された。

スポンサード リンク

東レは、東洋レーヨンとして大正15年に設立されたが、徴用工雇用に関与してないと見られ、韓国による徴用工リストにも掲載されていない。

そのためか、新日鉄や三菱重工が韓国で訴えられるも自分にはまったく関係なしとして、今年6月まで経団連の会長であったにもかかわらず、韓国への工場投資を続けている。

そうしたご褒美に韓国政府が「金塔産業勲章」を授与したもの。

日覚
画像:産経ニュース

スポンサード リンク
[ 2018年11月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ