アイコン 長野県内の企業倒産状況 14年度以降 特別清算が民事再生の6倍

 

 

長野県内で2014年度以降に発生した企業倒産のうち、債権者の同意を得て迅速に会社を整理する「特別清算」が36件で、民事再生法申請(6件)の6倍に上ったことがわかった。(帝国データバンク長野県内支店まとめ)

事業を別会社に譲渡して営業を継続できることから、特別清算は特に宿泊業で目立っているという。

以上報道より参照

 

スポンサード リンク
 

県内で2014年度以降に発生した企業倒産のうち、債権者の同意を得て迅速に会社を整理する「特別清算」が36件で、民事再生法申請(6件)の6倍に上ったことが帝国データバンク県内支店のまとめで分かった。07年度まで民事再生の件数が特別清算を上回っていたが、近年は逆転。同社松本支店は「取引先への影響を最小限にして信用の低下を抑え、事業を再生させる手法として特別清算が広まっている」としている。

信毎WEB
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181127/KT181122BSI090007000.php

スポンサード リンク

[ 2018年11月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ