アイコン がん抑制カレーライス ウコン加熱で効果大/秋田大

 

 

カレーのスパイスに含まれるウコンの主成分「クルクミン」を加熱してできる化合物に、胃がんの増殖を抑える効果があることを、秋田大などの研究グループが突き止めた。
この化合物を多く含むカレーの開発などに応用が期待できるという。
研究グループによると、クルクミンは着色や香辛料に使われる。
がん細胞の増殖を抑えることも知られていたが、その抑制力は弱いという。

研究グループは、クルクミンの構造を変え、胃がん抑制力が強い「改良型」を作成。その一つが「GO-Y022」で、クルクミンを加熱してできる化合物と同一と分かった。

スポンサード リンク

実験の結果、022が人間の胃がん細胞の増殖を抑える力はクルクミンの約5倍だった上、細胞死へ誘導する力が高いことも判明した。
胃がんを発症したマウスに022を含む餌を食べさせたところ、与えていないマウスに比べ、腫瘍が平均で3分の1に縮小した。体重減少などの健康被害もないという。
022は市販のカレーにも含まれているといい、秋田大大学院医学系研究科の柴田浩行教授(臨床腫瘍学)は「022の量を増やし、さらに胃がん抑制に効果があるカレーが作れるのでは」と話している。
以上、報道参照

<グルクミンは記憶力アップと気分高揚にも効果>
記憶力アップ効果と目されているのは、ウコンを黄色く彩るクルクミンという名のポリフェノール化合物。アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)による最新の研究では、クルクミンは記憶力のみならず、気分も上げてくれる可能性が明らかになっている。

ただ、グルクミンはウコンの約5%、サプリが効果的のようだが、焦がしグルクミンが登場するかもしれない。

 

ウッディライフ カレー
画像:食べログ(2016年に惜しくも閉店した、長崎の「ウッディライフ」のカレー)

スポンサード リンク
[ 2018年12月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ