アイコン 札幌爆発火災 大量に撒いた除菌消臭スプレーが原因か 2階の不動産会社

 

 

16日夜8時ごろ、札幌市豊平区平岸の飲食店や不動産会社事務所が入居する建物で爆発が起き42人がけがをした火事で、全焼した建物に入る不動産会社の関係者が、「爆発の前、廃棄処分する除菌消臭用のスプレーを室内で大量にまいた」と話していることが、警察への取材で分かった。
警察は、室内に充満したスプレーのLPガスなど揮発性成分に、引火して爆発した可能性があるとみて調べている。
この火事で、居酒屋の客や不動産会社の関係者など42人がけがをし、このうち、不動産会社の33歳の男性従業員が顔にやけどをする重傷を負った。

スポンサード リンク

現場周辺では、建物の破片などが広い範囲に飛び散り、近くのマンションなどでは、ガラス窓が割れる被害が出た。被害は、少なくとも20棟の建物26台の車両に及んでいる。

2階の不動産会社の事務所は跡形もないほど壊れ、50メートル離れた車両のフロントガラスも爆発の衝撃で割れ、160メートル離れたアパートにも窓枠が落下している。
以上、

年末の大掃除でもしていたのだろうか。札幌は冬、窓を閉め切った状態で除菌消臭スプレーを大量に撒けば、起こりうることだ。温風ヒーターや電気系統の機器が自動で切り替わる時に生じる極僅かな火花でも爆発の原因になる。

スポンサード リンク
[ 2018年12月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ