アイコン 早来工営(株)大阪工場の産廃処理施設で爆発火災 西成区津守3

 

 

10日午前0時20分頃、大阪市西成区津守3丁目の木津川沿いにある産業廃棄物処理会社の工場で「爆発音が聞こえた」と119番があった。
作業員1人が負傷しているという。
現場は、大阪メトロ堺筋線天下茶屋駅の約1キロ西の工場密集地。
目撃者が撮影した動画には、工場のような建物がオレンジ色の炎と黒煙を上げて激しく燃える様子が収められていた。

工場から約1キロ離れたマンションに住む会社員男性(56)は「ボーンという大きな爆発音で目を覚ました。
その後、何十回も似たような音が鳴り、真っ赤な火柱が何度も上がっていた」と話した。
以上、
産廃リサクル施設は、何を処理しているかで立地規制がこれまで以上に必要だろう。
 

スポンサード リンク
社名
早来工営株式会社
本社所在地
神奈川県川崎市川崎区扇町6-1
代表
代表取締役会長小松 燿
代表取締役社長小松 稔明
創立
昭和50年11月18日
資本金
7,000万円
事業所
札幌工場
早来支店
川崎工場
大阪工場
土壌洗浄プラント(川崎工場内)
業務内容
一般貨物自動車運送事業
各種廃棄物の陸、海上の収集・運搬、処理、処分業務
各種廃棄物の再利用化、再資源化事業
一般廃棄物処理業
土木一式工事の設計、施工及び監理
有機肥料の製造販売
桜桃と葡萄の試験研究栽培並びに販売業務
自動車の修理と販売
不動産の賃貸業
備考
三友グループ形成

0710_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ