アイコン 「コーナン千里山田店」全焼火災 使用済ボタン電池が原因か

 

 

大阪府吹田市で28日、ホームセンター「コーナン千里山田店」がほぼ全焼した火災で、使用済みのボタン電池などを入れたポリ袋から出火した可能性が高いことがわかった。
大阪府警によると、28日午前6時半ごろ、1階サービスカウンター近くの棚に置いていたポリ袋から火花が散り、周囲に燃え移る様子が店内の防犯カメラに映っていた。ボタン電池は商品の防犯タグに付いていたもので、店員がタグから外し、むき出しのままポリ袋に入れていたとみられる。

スポンサード リンク

火災では、2階建の店舗約3000平方メートルが焼け、約10時間後に鎮火した。

製品評価技術基盤機構によると、ボタン電池の電極のプラスとマイナスが触れ合うことで大きな電流が流れ、発熱や発火の原因になるという。
同機構は「電極をテープで巻くなどして、他の電池と接触させないように気を付けてほしい」と呼び掛けている。
以上、

1130_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年11月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ